• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

データの親階層と子階層を作成する

Jira Service Management の Insight は、Premium と Enterprise のみの機能です。これは、企業管理対象プロジェクトとのみ互換性があります。Insight の詳細についてご確認ください

To import data into Insight, you must first create an import structure, and then you must map the data into Insight using object type mapping.

データを Insight にマッピングする際にインポートされたオブジェクトの階層を作成する場合は、子オブジェクト タイプ マッピングを使用すると、子オブジェクト タイプを親オブジェクト タイプに自動でリンクできます。これによって、子オブジェクト タイプは親オブジェクト タイプのすべての属性を継承します。

はじめる前に

  1. Insight にインポートするには、データを準備する必要があります。

  2. インポート設定を作成する必要があります。

  3. Insight にマッピングする親オブジェクトごとに、オブジェクト タイプを作成する必要があります。

  4. 親オブジェクト タイプでは、オブジェクト タイプの子が属性を継承できるようにする必要があります。この操作は、子オブジェクト タイプを作成する前に行う必要があります。

  5. Insight にマッピングする子オブジェクトごとに、オブジェクト タイプを作成する必要があります。

子オブジェクト タイプ マッピングを使用して、データの親階層と子階層を作成する

  1. サービス プロジェクトから [Insight] > [オブジェクト スキーマ] の順に移動します。

  2. オブジェクト スキーマを選択します。

  3. [Configure (設定)]、[インポート] タブの順に選択します。

  4. In the Import tab, select on Edit mapping on your import structure to expand it.

  5. Select the object type mapping where you wish to create a child mapping and select Edit attributes mapping.

  6. A button to Create child mapping will appear under the attributes mapping. Select this and enter the following information:

    1. Object type - since the child object type will be the same as the parent object type, this option will be disabled.

    2. IQL によるデータソースのフィルタリング - ソースからフェッチされたオブジェクトをクエリするためのオプションの IQL。データからオブジェクトをフィルタリングする場合は、ここで実行できます。

    3. Identifier case matching - this option will be disabled.

    4. 欠落しているオブジェクト - 以下から選択します。

      1. 削除 - インポートからのエントリのみ、Insight オブジェクトとして保持されます。Insight で手動で作成されたオブジェクトは削除されます。

      2. アップデート - インポートに存在しないすべての Insight オブジェクトで、属性が編集されます。

      3. 無視 - インポートにない Insight オブジェクトは、削除もアップデートもされません。

    5. Missing objects outbound references - select from:

      1. Remove - Only outbound references from the import will persist as Insight references. Any outbound references manually created in Insight will be deleted.

      2. Ignore - Outbound references in Insight that aren’t found in the import won't be removed or updated.

    6. 空の値 - オブジェクトが更新される際に、外部ソースからの空の値で既存の値を削除するかどうかを選択します。次の項目から選択します。

      1. デフォルトを使用 - デフォルト値を使用します。

      2. 削除 - 現在の値を削除します。

      3. 無視 - 現在の値を保持します。

    7. Unknown values - this option will be disabled.

  7. [作成] を選択します。

 

How to import data into Insight

  1. There are four steps when importing your data into Insight:

    1. データを準備します

    2. Create an import structure;

    3. Map your data. There are two options:

      1. Map your data automatically by automatically creating object types and attributes, or;

      2. Map your data manually by:

        1. Using object type mapping to create Insight object types

        2. Using object type attribute mapping to create Insight attributes and references

        3. Using child object type mapping to create hierarchical parent and child structures.

    4. After you have created your object type mappings you must enable them. The import structure will not be executable until all object type mappings are set to ENABLED. If your object type mappings are not enabled, right-click on your object type mapping and click Enable to enable them.

    5. インポートを実行します

 

その他のヘルプ