• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

データの親階層と子階層を作成する

Jira Service Managementアセットは、Premium と Enterprise のみの機能です。アセットの詳細についてご確認ください

データをアセットにインポートするには、まずインポート構造を作成して、オブジェクト タイプ マッピングによってデータをアセットにマッピングする必要があります。

データをアセットにマッピングする際にインポートされたオブジェクトの階層を作成する場合は、子オブジェクト タイプ マッピングによって子オブジェクト タイプを親オブジェクト タイプに自動でリンクできます。これによって、子オブジェクト タイプは親オブジェクト タイプのすべての属性を継承します。

External imports doesn’t currently support mapping of children object types in multiple import configurations or configure inheritance.

If you are using external imports to map to an object type with child object types, you must provide a hierarchy for all object types to the level of the root mapping.

If you are using external imports to import data into Assets, you must use specific REST API calls to modify import settings such as "empty values", "unknown values", "concatenator", or to enable or disable inheritance features.

はじめる前に

  1. アセットにインポートするデータを準備する必要があります。

  2. インポート設定を作成する必要があります。

  3. アセットにマッピングする親オブジェクトごとに、オブジェクト タイプを作成する必要があります。

  4. 親オブジェクト タイプでは、オブジェクト タイプの子が属性を継承できるようにする必要があります。この操作は、子オブジェクト タイプを作成する前に行う必要があります。

  5. アセットにマッピングする子オブジェクトごとに、オブジェクト タイプを作成する必要があります。

子オブジェクト タイプ マッピングを使用して、データの親階層と子階層を作成する

  1. サービス プロジェクトから、[アセット] > [オブジェクト スキーマ] の順に移動します。

  2. オブジェクト スキーマを選択します。

  3. [スキーマ設定] を選択して、次に [インポート] タブを選択します。

  4. [インポート] タブで、インポート構造の [マッピングを編集] を選択して展開します。

  5. 子マッピングを作成するオブジェクト タイプ マッピング > [属性マッピングを編集] の順に選択します。

  6. 子マッピングを作成するボタンが属性マッピングの下に表示されます。これを選択して次の情報を入力します。

    1. オブジェクト タイプ - 子オブジェクト タイプは親オブジェクト タイプと同じになるため、このオプションは無効になります。

    2. IQL によるデータソースのフィルタリング - ソースからフェッチされたオブジェクトをクエリするためのオプションの IQL。データからオブジェクトをフィルタリングする場合は、ここで実行できます。

    3. 識別子の大小文字の区別 - このオプションは無効になります。

    4. 欠落しているオブジェクト - 以下から選択します。

      1. 削除 - インポートからのエントリのみ、アセット オブジェクトとして保持されます。アセットに手動で作成されたオブジェクトは削除されます。

      2. アップデート - インポートに存在しないすべてのアセット オブジェクトで、属性が編集されます。

      3. 無視 - インポートにないアセット オブジェクトは、削除もアップデートもされません。

    5. 欠落しているアウトバウンド参照のオブジェクト - 次から選択します。

      1. 削除 - インポートからのアウトバウンド参照のみがアセット参照として保持されます。アセットで手動で作成されたアウトバウンド参照は削除されます。

      2. 無視 - インポートで見つからないアセットのアウトバウンド参照は、削除もアップデートもされません。

    6. 空の値 - オブジェクトが更新される際に、外部ソースからの空の値で既存の値を削除するかどうかを選択します。次の項目から選択します。

      1. デフォルトを使用 - 該当するオブジェクト タイプに対して [インポート構造を定義] 画面で指定された値を使用します。

      2. 削除 - 現在の値を削除します。属性がステータス、選択、または複数の値を持つ参照タイプ属性である場合、すべての値が削除されます。

      3. 無視 - 該当するオブジェクト タイプに対して現在の値を保持します。属性がステータス、選択、または複数の値を持つ参照タイプ属性である場合、すべての値が保持されます。

    7. 不明な値 - このオプションは無効になります。

  7. [作成] を選択します。

アセットにデータをインポートする方法

  1. アセットにデータをインポートするには、次の 5 つのステップに従います。

    1. データを準備します

    2. インポート構造を作成します。インポートには 4 つのタイプがあります。

      1. Discovery。Discovery のデータをアセットに取り込む方法の詳細をご確認ください。

      2. CSV。インポート用に CSV を設定する方法の詳細をご確認ください。

      3. JSON インポート。JSON ファイルからのデータのインポートに関する詳細をご確認ください。

      4. 外部インポート。アセットにデータをインポートするアプリの開発方法に関する詳細をご確認ください

    3. データをマッピングします。次の 2 つのオプションがあります。

      1. オブジェクト タイプと属性を自動で作成することで、データを自動でマッピングするか、

      2. 次の方法でデータを手動でマッピングします。

        1. オブジェクト タイプ マッピングによってアセット オブジェクト タイプを作成する

        2. オブジェクト タイプ属性マッピングによってアセット属性と参照を作成する

        3. 子オブジェクト タイプ マッピングによって階層的な親と子の構造を作成する。

    4. オブジェクト タイプ マッピングを作成したら、それらを有効にする必要があります。すべてのオブジェクト タイプ マッピングが [有効化] に設定されるまで、インポート構造は実行されません。オブジェクト タイプ マッピングが有効にされていない場合は、オブジェクト タイプ マッピングを右クリックして [有効化] をクリックして有効にします。

    5. インポートを実行します

その他のヘルプ