• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

定義済みの構造と設定を作成する

Jira Service ManagementInsight は、Premium と Enterprise のみの機能です。これは、企業管理対象プロジェクトとのみ互換性があります。Insight の詳細をご参照ください

インポートとは、外部データを Insight に取り込み、それを Insight オブジェクト タイプ、オブジェクト、属性、参照に自動で変換する方法です。

JSON、CSV、または Discovery の各ファイルなどの形式のあるデータをインポートする場合は、定義済みの構造と設定を使用して、自分のデータからオブジェクト タイプ、オブジェクト、属性、参照を簡単に作成できます。

はじめる前に

  1. Insight にインポートするには、データを準備する必要があります。

  2. インポート設定を作成する必要があります。

  3. 定義済みの設定のみを使用する場合は、新しく作成したオブジェクトを保持するには 1 つ以上のオブジェクト タイプを作成する必要があります。定義済みの構造と定義済みの設定の両方を使用する場合は、親オブジェクト タイプが作成されます。

定義済みの構造と設定の作成

  1. オブジェクト スキーマを選択します。

  2. [Configure (設定)]、[インポート] タブの順に選択します。

  3. [インポート] タブで、関連するインポート設定を選択します。インポート設定の横にある歯車アイコン ⚙、ドロップダウンで [Create Predefined Structure (定義済みの構造を作成)] の順に選択します。

  4. [Create Predefined Structure (定義済みの構成を作成)] で [オブジェクト タイプ] を選択します。インポートされたデータに基づいて、定義済みの構造と設定が作成されます。

  5. [Create predefined Insight structure (定義済み Insight 構造を作成)] を選択します。

  6. [Create Predefined Configuration (定義済みの設定を作成)] で [オブジェクト タイプ] を選択します。

  7. [Create predefined configuration (定義済みの設定を作成)] を選択します。

  8. [閉じる] を選択します。

 

次のステップ

  1. オブジェクト タイプ マッピングを作成したら、それらを有効化する必要があります。すべてのオブジェクト タイプ マッピングが ENABLED (有効化) に設定されるまで、インポート設定は実行できるようにはなりません。オブジェクト タイプ マッピングを右クリックして [有効化] を選択し、新しいオブジェクト マッピングを有効化します。

  2. インポートを実行します

最終更新日 2021年04月 1日)
次でキャッシュ 6:47 PM on Oct 28, 2021 |

その他のヘルプ