• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

Automatically create object types and attributes

Jira Service Management の Insight は、Premium と Enterprise のみの機能です。これは、企業管理対象プロジェクトとのみ互換性があります。Insight の詳細についてご確認ください

インポートとは、外部データを Insight に取り込んで、Insight オブジェクト タイプ、オブジェクト、属性、参照に自動で変換する方法です。

If you are importing formatted information such as JSON, CSV, or Insight Discovery files, you can quickly create object types, objects, and attributes from your data by selecting Automatically create object types and attributes when you are creating an import structure.

Automatically create object types and attributes when importing

  1. オブジェクト スキーマを選択します。

  2. [Configure (設定)]、[インポート] タブの順に選択します。

  3. [インポート] タブで、次の手順に従います。

    1. If there is no import structure you will see the message No Import structure created. Click on Be the first to create one.

    2. If an import structure has already been created, click Create import to add a new import structure.

  4. ポップアップ ウィンドウから、次のいずれかを選択します。

    1. CSV インポート - CSV (コンテンツ区切り値) ファイルからデータをインポートします。

    2. Discovery インポート - Insight Discovery ファイルからデータをインポートします。

    3. 外部インポート - 外部アプリからデータをインポートします。

    4. JSON インポート - JSON (JavaScript オブジェクト表記) ファイルからデータをインポートします。

  5. In the Define import structure screen:

    1. Select a Name for your import structure.

    2. Drag or drop a file, or Browse (required) - drag and drop or browse for your source data file here.

    3. Select Automatically create object types and attributes.

  6. [作成] を選択します。

  7. The Imports tab should now be populated with your new import structure. When you run this import structure, object types, attributes, and objects should be automatically created for you.

 

How to import data into Insight

  1. There are four steps when importing your data into Insight:

    1. データを準備します

    2. Create an import structure;

    3. Map your data. There are two options:

      1. Map your data automatically by automatically creating object types and attributes, or;

      2. Map your data manually by:

        1. Using object type mapping to create Insight object types

        2. Using object type attribute mapping to create Insight attributes and references

        3. Using child object type mapping to create hierarchical parent and child structures.

    4. After you have created your object type mappings you must enable them. The import structure will not be executable until all object type mappings are set to ENABLED. If your object type mappings are not enabled, right-click on your object type mapping and click Enable to enable them.

    5. インポートを実行します

その他のヘルプ