• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

インシデントの詳細を対応者アラートと同期する

この記事では、現在展開している機能について説明します。これらの機能がサイト上で公開される時期は、リリース ノートまたは Atlassian コミュニティでご確認ください。

対応者アラートをサービス プロジェクトで有効にしている場合は、インシデントがプロジェクトで作成されるたびに Jira Service Management が対応者アラートを Opsgenie で作成します。初期設定では、サービス プロジェクトと Opsgenie の間でデータの同期はありません。Opsgenie アカウントで作成された対応者アラートには、インシデントへのリンクのみが表示されます。

正確には、インシデントの詳細を同期するということは次のことを意味します。

  • インシデントの [要約] フィールドは、対応者アラートの [アラート メッセージ] フィールドに最大で 130 文字で表示されます。

  • インシデントの [説明] フィールドは、対応者アラートの [説明] フィールドに最大 15,000 文字で表示されます。インシデントの説明が 15,000 文字を超える場合は、サービス プロジェクトに切り替えて、説明をすべて表示できます。

インシデントの詳細を同期することで、Jira Service Management と Opsgenie の各アカウント間のデータ トランジションを承認することになります。同期を停止すると、同期済みのデータは Opsgenie に残ります。

インシデントの詳細を対応者アラートと同期するには、次の手順に従います。

  1. Jira Service Management から、[設定] () > [製品] > [インシデント管理] の順に移動します。

  2. [対応者アラート] まで下にスクロールします。[対応者アラートの作成時にインシデントの詳細を使用] オプションをオンにします。

このアクションを実行するには、Jira 管理者である必要があります。

このオプションをオンにすると、Jira Service Management のすべてのプロジェクトに影響します。

その他のヘルプ