• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

互換性がある課題タイプ、互換性のない課題タイプとは

課題タイプのフィールドとワークフローによって、IT サービス管理作業カテゴリと互換性があるかどうかが決まります。

互換性のある課題タイプには、特定の ITSM カテゴリで作業するために必要なすべての必須フィールドとワークフローがあります。たとえば、初期設定の「[システム] インシデント」課題タイプは、インシデント リクエスト タイプと併用するように設計されています。これには、対応者、アラート、インシデント タイムラインなどの特別なインシデント管理機能を備えたワークフローとフィールドが含まれています。

互換性のない課題タイプには、特定の ITSM カテゴリで作業するために必要な適切なフィールドまたはワークフローがありません。たとえば、同じ「[システム] インシデント」課題タイプには変更タイプ、開始予定日、終了予定日などの変更固有のフィールドがないことから、変更管理と互換性がありません。

特定の作業カテゴリに対して新しいリクエスト タイプを作成する際にサービス プロジェクト互換性のある課題タイプがない場合は、互換性のある課題タイプを自動で作成して追加できます。

初期設定の [システム] 課題タイプをサービス プロジェクトに追加するには、[プロジェクト設定] の [リクエスト タイプ] ページで [リクエスト タイプを作成] を選択して [課題タイプ] にあるドロップダウンを開き、[+ Add default issue type (+ 初期設定の課題タイプを追加)] を選択します。初期設定の課題タイプに関する詳細についてご確認ください

互換性のある課題タイプを作成する際は、次も追加されます。

  • 関連する画面スキームと画面

  • 新しいワークフロー

また、この新しい課題タイプが意図したとおりに機能するように、サイトの課題タイプ画面スキーム、課題タイプ スキーム、ワークフロー スキームもアップデートされます。

互換性のない課題タイプに必須フィールドを手動で追加することで、既存の課題タイプに作業カテゴリとの互換性を付与できます課題タイプに作業カテゴリとの互換性を付与する方法についてご確認ください

互換性のない課題タイプを使用するとリクエストが意図したとおりに機能しない場合があり、特定の作業カテゴリ機能にアクセスできなくなります。

 

その他のヘルプ