• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Opsgenie について

Opsgenie は、IT 運用チームがサービス中断の影響を最小限に抑え、インシデントをより迅速に解決するために利用できる最新のインシデント管理ツールです。Opsgenie は、監視システムとカスタム アプリケーションの信頼できる中心的な情報源になることによって機能し、重要性とタイプ別にそれらを分類し、チームが適切に運用されていない場合はアラートを出すこともできます。

オンコール スケジュールは、音声通話、電子メール、プッシュ通知、SMS など、いくつかの異なる通知チャネルを通じて、適切な人 (その時点で「オンコール」と指定された人) に通知するように設定できます。オンコールの人がアラートを認識しない場合、Opsgenie はチェーン上でアラートを次の指定された人にエスカレーションし、インシデントに必要な注意を喚起します。

Opsgenie によって運用効率がどのように改善されるかについて説明します

Jira Service Management はどのように Opsgenie と連携しますか?

Opsgenie を Jira Service Management とマージすることで、サポート チームは、インシデント カテゴリを通してプロジェクト内からエンドツーエンド インシデント管理を経験できます。この経験は、レポートからエスカレーションまでのプロセス全体において、同様のインシデントの再発を防止します。

エージェントは、インシデント リクエストから直接、主要なインシデントを適切なオンコール チームに迅速にエスカレーションできます。Opsgenie は、インシデントの種類、発生元、優先度を考慮して、(オンコール スケジュールと任意の接続サービスを通じて) 適切なユーザーを検出し、適切なタイミングで通知します。インシデントが継続している間、チームは他のチームや関係者と協力し、潜在的な根本的問題を調査し、インシデントの進行を制御できます。

Opsgenie は統合されたアプリとツールのアラートを一元化できるため、IT チームは重大なインシデントに発展する前にサービスの中断を検出できます。

Datadog や Zendesk などの ITSM ツールとの双方向統合は、Free プランおよび Essentials Opsgenie プランでは、Free および Jira Service Management の Standard サブスクリプションの一部として利用できません。この機能にアクセスするには、Premium または Enterprise Jira Service Management プランにアップグレードしてください。

Jira Service Management と Opsgenie のマージの詳細をご確認ください

Opsgenie の基本

Opsgenie の導入により、Jira Service Management エコシステムに多くの新しい概念を導入しています。Opsgenie で使用される用語の定義は次の通りです。

インシデント: サービスの重大な中断であり、現場での介入が必要なもの。

オンコール: インシデントについて通知を受ける人。

オンコール スケジュール: オンコールに指定されている人とオンコールのタイミング。

アラート: 問題の基本的な通知。アラートは、インシデントまたは統合されたアプリとツールによってトリガーされます。Opsgenie は、主要なインシデントごとにレスポンダー アラートを作成し、そのインシデントへの対応に最適な担当者を見つけます。

エスカレーション ポリシー: アラートが認識されるまで Opsgenie が通知を行うオンコールを決定するための指示とルール。

ルーティング ルール: Opsgenie が特定のタイプのアラートおよび/または特定の時間間隔 (休日、シフト、タイムゾーン) をルーティングする方法を決定するためのルール。

 

最終更新日 2021年06月 1日)
次でキャッシュ 3:42 PM on Oct 23, 2021 |

その他のヘルプ