• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Jira Service Management では ITIL はどのように使用されますか?

IT サービス管理 (ITSM) は、ベスト プラクティスに基づき、カスタマー向けのエンドツーエンドの IT サービス デリバリを管理する方法です。ITSM でもっとも一般的に採用されているベスト プラクティス フレームワークの 1 つに、IT Infrastructure Library (ITIL) があります。

ITIL は、IT サービスとビジネス ニーズとの調整に焦点を当てた、一連のプラクティスです。ITIL はもっとも広く使用されている ITSM アプローチであり、IT 組織によるビジネスの変更、変革、および成長の実現を支援します。

Jira Service Management は、自社のルール、規制、要件を満たせるようにサービス プロジェクトをカスタマイズできる、既定の ITSM プラクティス (標準ワークフローなど) を提供しています。また、Jira Service Management はすぐに使えるメトリックを提供しており、より高度なビジネス インテリジェンスを実現する場合にドリル ダウンしてエクスポートできます。

新しいサービス プロジェクトには、サービス カタログ、ITIL ワークフロー、および基本的なレポートが付属します。Jira Service Management に Confluence をバンドルしている場合、Confluence のナレッジベースも作成できます。

サービス プロジェクト テンプレートを使用したプロジェクトの作成方法をご確認ください。

 

最終更新日 2021年03月26日)
次でキャッシュ 6:57 PM on Oct 25, 2021 |

その他のヘルプ