• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Microsoft Teams で課題を作成する

サービス プロジェクトを Slack または Microsoft Teams に接続して、チャットのメッセージから直接課題を作成できます。顧客がチャットで支援を求めたら、エージェントは Slack や Teams を離れることなく対応したり、課題をトランジションしたり、リクエストをクローズしたりできます。

Teams で課題を作成する方法は複数あります。

メッセージから

次の手順に従って、リダイレクト チャネルへのメッセージまたはダイレクト メッセージを課題に変換します。

  1. メッセージにカーソルを合わせて、[その他の操作] () メニューを選択します。

  2. [その他の操作 >] を選択します。

  3. [Raise a request with Assist (Assist でリクエストを登録)] を選択します。ドロップダウンから該当するキューを選択し、[次へ] を選択します。

  4. フォームに入力し、[Raise request (リクエストを登録)] を選択します。

リクエストが登録されて、サービス プロジェクトのキューに課題として追加されます。Assist により、リクエストの詳細が記載されたメッセージが要求者に送信され、エージェントはトリアージチャネルから課題に取り組むことができます。

Assist アプリから

また、顧客とエージェントは、次の手順によって Assist アプリから直接リクエストを登録できます。

  1. メッセージ バーから、Assist アイコン (救命具) を選択します。

    1. アイコンが表示されない場合は、[その他の操作] () メニューを選択し、Assist を検索します。アプリをメッセージ バーに固定するには、右クリックして [固定] を選択します。

  2. ドロップダウンから該当するキューを選択し、[次へ] を選択します。

  3. フォームに入力し、[Create ticket (チケットを作成)] を選択します。

顧客は、リクエストの詳細が記載されたダイレクト メッセージを Assist ボットから受け取ります。また、リクエスト カードにコメントを追加できます。このカード、トリアージチャネルのカード、および Jira Service Management の課題に追加されたコメントはすべて同期されます。

フォームを使用せずに課題を作成する

キューに必須フィールドのない 1 つのリクエスト / 課題タイプしかない場合 (要約以外)、Assist からフォームへの入力は求められません。代わりに、そのキューにリンクされたリクエスト / 課題タイプを持つ課題が直ちに作成されます。

予期せずフォームが表示される

予期せずフォームが表示された場合は、サービス プロジェクト設定に移動して、要約以外の必須フィールドがないことを確認します。これについては、リクエスト タイプの顧客フォームで確認してください。

フォームを設定する

フォームが必要な場合は、2 つ目のリクエスト / 課題タイプを追加するか、サービス プロジェクト設定に移動して、要約以外のフィールドを必須としてマークします。これについては、リクエスト タイプの顧客フォームで確認してください。

その他のヘルプ