• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

ポータル アクセスを設定して管理する

ポータルを通じて、サービス プロジェクトにアクセスしてリクエストを送信できるユーザーを定義するために権限を設定できます。顧客に提供できるアクセスには、主に 3 つのレベルがあります。

  • サービス プロジェクトに明示的に追加された顧客への制限付きアクセス

  • サイトに既存のアカウントを持つユーザーへの制限付きアクセス

  • ウェブ上のすべてのユーザーへのオープンなアクセス

サービス プロジェクトに追加した顧客のポータル アクセスを設定する

ポータル アクセスを設定するには、プロジェクト管理者である必要があります。

サービス プロジェクトに追加した顧客のポータル アクセスを設定するには、次の手順を実行します。

  1. サービス プロジェクトから、[プロジェクト設定] > [顧客権限] に移動します。

  2. [サービス プロジェクトへのアクセス] で、[エージェントと管理者が追加した顧客] を選択します。

  3. [保存] を選択します。

サイトの既存の顧客のポータル アクセスを設定する

まず、サイト管理者は、顧客がサイト内で自分のアカウントを作成できないようにする必要があります。これは、既存のアカウントを持つユーザーまたはチームが追加した顧客のみが、サービス プロジェクトのポータルにアクセスできることを意味します。

これを行うには、サイト管理者は次の手順を実行する必要があります。

  1. 右上から、[設定] () > [製品] の順に選択します。

  2. [Jira Service Management] で [ポータルのみの顧客アクセス] を選択します。

  3. [顧客に自分自身のアカウントの作成を許可しない] を選択します。

  4. [保存] を選択します。

このグローバル権限を設定すると、プロジェクト管理者はサイトの既存のユーザーのみにポータルを制限できます。

  1. サービス プロジェクトから、[プロジェクト設定] > [顧客権限] に移動します。

  2. [サービス プロジェクトへのアクセス] で、[サイトでアカウントを持っているユーザー (Anyone with an existing account on your site)] を選択します。

  3. [保存] を選択します。

オープンなポータルのセットアップ

誰でもポータルにアクセスできるオープンなポータルを設定できます。つまり、ポータルにアクセスするすべてのユーザーは、サイトの既存のアカウントを必要としません。ただし顧客は、リクエストを送信するときにメール アドレスを入力する必要があります。アカウントが作成されます。リクエストを表示するにはパスワードを設定してポータルにログインする必要があります。

これを行うには、サイト管理者は次の手順を実行する必要があります。

  1. 右上から、[設定] () > [製品] の順に選択します。

  2. [Jira Service Management] で [ポータルのみの顧客アクセス] を選択します。

  3. [顧客にアカウントの作成を許可する] を選択します。

  4. [顧客はログインしないでアクセスしてポータルからリクエストを送信できる (Customers can access and send requests from the portal without logging in)] を選択します。

  5. [保存] を選択します。

これらのアクセス設定により、プロジェクト管理者はすべてのユーザーがサービス プロジェクトにリクエストを送信できるようにすることができます。

  1. サービス プロジェクトから、[プロジェクト設定] > [顧客権限] に移動します。

  2. [サービス プロジェクトへのアクセス] で、[Web 上の全ユーザー (ログイン不要)] を選択します。

  3. [保存] を選択します。

顧客のアクセス設定がプロジェクトレベルの顧客の権限に与える影響の詳細をご確認ください。

最終更新日 2021年10月 6日)
次でキャッシュ 1:41 AM on Oct 16, 2021 |

その他のヘルプ