• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

フォームのデータ接続を作成、編集、テスト、または削除する

フォームは REST API から JSON データを取得して、このデータを使用してフォームに選択リストを設定できます。フォームで外部データを使用するには、接続を設定する必要があります。

データ接続を作成したら、フォームに追加できます。フォームにデータ接続を追加する方法をご確認ください

データ接続を作成、テスト、編集、または削除するには、Jira 管理者である必要があります。

データ接続を作成する

フォームの新しいデータ接続を作成するには、次の手順に従います。

  1. サービス プロジェクトから [設定] () > [課題] の順に移動します。

  2. [フォーム] で [データ接続] を選択します。

  3. [接続を追加] を選択します。

  4. 必要に応じてフィールドに入力して [次へ] を選択します。

  5. 接続に成功したら [次へ] を選択します。

  6. [アイテム]、[ID]、[ラベル] を設定します。

    • アイテム - 必要なデータを含む JSON データセット内のオブジェクトのリストまたは配列。 

    • ID - オブジェクトには、数字または文字列の ID 値が含まれている必要があります。ID はフォームに表示されません。 

    • ラベル - オブジェクト内の個々の文字列フィールド。このフィールドは、フォームでユーザーに表示されます。

  7. 次へ をクリックします。

  8. [作成] を選択します。

データ接続をテストする

新しい接続が作成されると、Jira Service Management は接続の作成の一環として URL をテストします。既存の接続をテストするには、次の手順に従います。

  1. サービス プロジェクトから [設定] () > [課題] の順に移動します。

  2. [フォーム] で [データ接続] を選択します。

  3. テストする接続の横にある [編集] を選択します。

  4. 接続をもう一度テストするには [次へ] を選択します。

  5. [戻る] > [戻る] の順に選択して [データ接続] ページに戻ります。

データ接続を編集する

接続を削除するには、次の手順に従います。

  1. サービス プロジェクトから [設定] () > [課題] の順に移動します。

  2. [フォーム] で [データ接続] を選択します。

  3. 編集する接続の横にある [編集] をクリックします。

  4. 必要に応じて変更して [次へ] を選択します。[保存] が表示されるまで繰り返します。

  5. [保存] を選択します。

データ接続を削除する

接続を削除するには、次の手順に従います。

  1. サービス プロジェクトから [設定] () > [課題] の順に移動します。

  2. [フォーム] で [データ接続] を選択します。

  3. テストする接続の横にある [削除] を選択します。

  4. 削除を選択します。

データ接続を使用するフォーム内に含まれるデータに影響を与える可能性があるため、データ接続が完全に削除されることはありません。その代わり、削除状態になってすべての認証情報が削除されます。新しい認証の詳細で再設定すると、接続自体を復元できます。 

データ接続の削除による影響は、その接続を使用するフォームの状態によって異なります。

  • フォームが開いている場合は、すべての選択リストの値 (選択した選択肢を含む) がフォームから削除されます。

  • フォームが送信済みの場合は、すべての選択リストの値 (選択した選択肢を含む) が保持されます。

  • フォームが再オープンしている場合は (接続を削除した後に送信済みフォームを再び開いた際など)、すべての選択肢の値はフォームから削除されます。 

フォームの状態に関する詳細をご確認ください

 

その他のヘルプ