• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

解決後のインシデントの自動クローズ

IT サービス プロジェクト テンプレートには追加のサービス レベル アグリーメント (SLA) および自動化ルールが含まれます。これらを使用することで、エージェントがインシデントを解決したあとに 3 営業日が経過したらインシデントを自動的にクローズできます。

SLA: 解決後のクローズまでの時間

障害の解決状況フィールドが設定されると、Time to close after resolution という名前の SLA が計時を開始します。計時は、エージェントが解決状況フィールドをクリアするか、リクエストが [クローズ] にトランジションした場合に停止します。

サービス プロジェクトで SLA を表示、編集または削除するには、[プロジェクト設定] > [SLA] を選択します。

Automation ルール: 解決後 3 営業日で自動クローズ

IT サービス プロジェクトには、「解決してから 3 営業日後に自動終了する」という自動化ルールが含まれます。このルールは、上記の SLA が超過すると、障害を解決済みからクローズに移行します。

You can disable or fine tune the rule in your service project by selecting Project settings > Legacy automation.

Learn more about setting up rules to automate repetitive tasks with legacy automation.


このページは 企業管理対象 プロジェクト

サービス プロジェクト サイドバーの左下に [チーム管理対象プロジェクトを利用中です] が表示されている場合は、次のチーム管理対象プロジェクトの記事をご確認ください。

企業管理対象プロジェクトとチーム管理対象プロジェクトの違いに関する詳細。

 

最終更新日 2021年10月20日)
次でキャッシュ 9:33 PM on Oct 28, 2021 |

その他のヘルプ