• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

データから属性と参照を作成する

Jira Service Management の Insight は、Premium と Enterprise のみの機能です。これは、企業管理対象プロジェクトとのみ互換性があります。Insight の詳細についてご確認ください

To import data into Insight in Jira Service Management, you must first create an import structure, and then you must map the data into Insight using object type mapping.

次に、オブジェクト タイプ属性マッピングを使用して、データから属性をマップできます。さらに、オブジェクト スキーマ内に参照を作成する場合は、オブジェクト タイプ属性マッピングとプレースホルダーを使用して、これらの参照を Insight にマッピングできます。

はじめる前に

  1. Insight にインポートするには、データを準備する必要があります。

  2. You must create an import structure.

  3. Insight にマッピングするオブジェクトのタイプごとに、オブジェクト タイプを作成する必要があります。

  4. Insight にマッピングする属性または参照ごとに、属性を作成する必要があります。

 オブジェクト タイプ属性マッピングを使用して、データから属性を作成する

  1. サービス プロジェクトから [Insight] > [オブジェクト スキーマ] の順に移動します。

  2. オブジェクト スキーマを選択します。

  3. [Configure (設定)]、[インポート] タブの順に選択します。

  4. In the Import tab, select on Edit mapping on your import structure to view the object type mappings.

  5. Select Edit attributes mapping to view the attribute type mappings.

  6. Every object imported into Insight will require at least one piece of information - the data locator that lets Insight know how to differentiate objects in the data.

    1. Select a Data source field. The data source field specifies the location of the data in the import configuration. Your object type attribute will be disabled until you supply a data locator for the name of the objects.

    2. Select a Destination attribute to map with the Data Locator.

    3. Optionally, you can modify the default settings for this attribute mapping:

      1. IQL - enter an IQL statement here to create references from data.

      2. Concatenator - enter an alternative concatenator here that applies only to this attribute mapping.

      3. Regular expression - enter a regular expression here (regex) that applies only to this attribute mapping.

      4. Base 64 - enter an alternate Base 64 value here.

  7. 右側の [追加] をクリックします。

オブジェクト タイプ属性マッピングとプレースホルダーを使用して、データから参照を作成する

  1. サービス プロジェクトから [Insight] > [オブジェクト スキーマ] の順に移動します。

  2. オブジェクト スキーマを選択します。

  3. [Configure (設定)]、[インポート] タブの順に選択します。

  4. In the Import tab, select on Edit mapping on your import structure to view the object type mappings.

  5. Select Edit attributes mapping to view the attribute type mappings.

  6. オブジェクト タイプに追加する参照ごとに、次の手順に従います。

    1. データ ロケーターを選択します。データ ロケーターは、インポート設定内のデータの場所を指定します。

    2. データ ロケーターでマッピングする Insight 属性を選択します。

    3. [Object Mapping (Insight Query Language (IQL)) (オブジェクト マッピング (Insight Query Language (IQL)))] 列を使用して、参照のラベルをデータ ロケーターのプレースホルダーにマッピングする IQL を入力します。

      1. データから参照を 1 つだけマッピングする場合は、Label = ${Locator} と入力します。Locators はロケーターの名前に置き換わります。

      2. データから複数の参照をマッピングする場合は、「Label IN (${Locator${0}})」と入力します。「Locator」はロケーターの名前に置き換わります。

    4. 右側の [追加] をクリックします。

データ ソースの 1 つのフィールドから複数の参照を作成する場合は、二重パイプ「||」(CSV または JSON 形式) またはカンマ「,」(JSON 形式のみ) によって複数の値を区切ります。

How to import data into Insight

  1. There are four steps when importing your data into Insight:

    1. データを準備します

    2. Create an import structure;

    3. Map your data. There are two options:

      1. Map your data automatically by automatically creating object types and attributes, or;

      2. Map your data manually by:

        1. Using object type mapping to create Insight object types

        2. Using object type attribute mapping to create Insight attributes and references

        3. Using child object type mapping to create hierarchical parent and child structures.

    4. After you have created your object type mappings you must enable them. The import structure will not be executable until all object type mappings are set to ENABLED. If your object type mappings are not enabled, right-click on your object type mapping and click Enable to enable them.

    5. インポートを実行します

その他のヘルプ