• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Jira Service Management で仮想エージェントをセットアップする

Premium プランと Enterprise プランのすべての Jira Service Management のお客様が仮想エージェントを利用できるようになりました。プランと価格については、こちらをお読みください

組織が Slack を使用してサポートを提供する場合、Jira Service Management の仮想エージェントは、一般的な問題の解決、よくある質問への回答、リクエストのトリアージをサポートできるため、エージェントの作業時間を何時間も節約できます。

仮想エージェントは機械学習を使用して、質問やリクエストを認識します。ターンバイターンの会話フロー、ナレッジ ベースに接続された人工知能、またはその両方の組み合わせを使用して、ヘルプ チャネルで繰り返されるタスクを自動化できます。

仮想エージェントを設定するには、プロジェクト管理者である必要があります。

仮想エージェントをセットアップする

仮想エージェントを稼働させるには、次の手順に従います。

  1. 左側のナビゲーションから、[プロジェクト設定] > [仮想エージェント] の順に選択します

    1. Atlassian Assist をインストールする必要がある場合は、[Slack に追加] を選択して、プロンプトに従います。

    2. Atlassian Assist を利用していて、Slack にログインする必要がある場合は、[Slack でログイン] を選択して、プロンプトに従います。

  2. Return to the virtual agent, and select a default request type.

  3. Select Set up virtual agent, then Create virtual agent.

  4. 接続済みのナレッジ ベースがある場合は、AI による回答を有効化します。

  5. 1 つ目のインテントを作成します

  6. インテントの会話フローを構築します

  7. Slack で仮想エージェントをテストします

  8. カスタマー向けの仮想エージェントを有効化します

 

その他のヘルプ