• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

IT 資産管理 (ITAM) 用にインポートされたデータのマッピング

Jira Service Managementアセットは、Premium と Enterprise のみの機能です。アセットの詳細についてご確認ください

このガイドの使用方法

アセット ガイドのこの章では、アセットにインポートするオブジェクトと属性のマッピングについて説明します。この章を十分に理解するには、以下の前の章を完了しておく必要があります。

このガイドの各ステップには、Jira Service Management でアセットを使用するための詳しい手順だけでなく、チームの ITAM プロセスの一環として使用する場合にこの強力な機能を最大限に活用するためのヒントやベスト プラクティスも記載されています。

このガイドには次の 2 種類の情報があります。

  • 背景が青いヘッダーはアセットの利用開始に役立ちます。データの例や各機能の使用方法など、ガイドの各ステップに関する情報です。

  • 背景が白いテキストは、アセットの操作手順、またはアセットのコンセプトに関する詳細な情報です。

他にも次のような情報があります。

  • 太字の情報は、メニュー オプションの名前、オン/オフを切り替えることができる機能、ボタンなど、アセット自体にあるテキストを示しています。

  • code の情報は、IT 資産管理 (ITAM) 用サンプル オブジェクト スキーマに含まれるテキストです。

  • 太字で斜体になっている情報は、アセットの重要な部分を形成する概念またはアイデアです。

オブジェクト マッピングを作成する

前の章では、インポート マッピングを作成して、データをアセットにインポートする最初のステップを完了しました。

ここでは、次のステップ、つまりオブジェクト タイプ マッピングを完了して、データをオブジェクト スキーマのオブジェクトに変換する方法をアセットに指示します。新しいインポート構造のステータスが無効とマークされているのを確認できますが、これは、オブジェクト マッピングを行っていないことが理由です。

作成したインポート構造 Models import に戻り、新しいオブジェクト タイプ マッピングを作成します。一番上のフィールドで以下のように設定します。

  • [Object type (オブジェクト タイプ)] は、オブジェクトを入力する既存のオブジェクト タイプをアセットに指示するものです。ドロップダウン リストにはオブジェクト タイプがあらかじめ設定されています。アセットはデータ ファイルを読み取ってそれを検出し、オブジェクト タイプとして識別しています。将来的には、識別子を変更することで、アセットがデータ ファイル内のオブジェクト タイプを検索する方法を変更できるようになります。