• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

インポート履歴を表示する

Jira Service Management の Insight は、Premium と Enterprise のみの機能です。これは、企業管理対象プロジェクトとのみ互換性があります。Insight の詳細についてご確認ください

インポートでは外部データを Insight に取り込みます。[インポート履歴] 画面で、インポートの実行と完了に関する詳細を確認できます。

  1. オブジェクト スキーマを選択します。

  2. オブジェクト スキーマ > [設定] の順に選択します。

  3. [インポート] タブを選択します。

  4. [履歴を表示] を選択します。

  5. 次の情報をご参照いただけます。

    1. 開始時刻 - インポートが開始された日時。

    2. 終了時刻 - インポートが完了した日時。

    3. 名前 - インポートのタイプ (CSV、JSON、または外部アプリ) とインポートの名前。

    4. 期間 - インポートを実行するのに必要な時間。

    5. ステータス - インポートの状態。成功または失敗

    6. アクター - インポートを実行しているユーザー。

    7. 操作 - 選択すると、完了したインポートの詳細が表示されます。

      1. モジュール情報 - このインポートで使用されるインポート モジュールの一意の識別子。

      2. 構成 ID - 使用されるインポート構造の一意の識別子。

      3. オブジェクト タイプごとの詳細 - 個々のオブジェクト タイプのインポート結果に関する詳細が含まれます。

        1. エントリ数

        2. ID に基づいてオブジェクトを複製

        3. 新規作成したオブジェクト

        4. 外部データの読み取り時間

        5. アクションの実行時刻

        6. Insight データの書き込み時間

        7. 実行時間

 

その他のヘルプ