• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Legacy Automation とは

レガシーの自動化は Jira Service Management 自動化ルールと機能の古いセットです。

最新バージョンの Automation では、次のようなさまざまな機能がアップグレードされています。

  • Automation ルールは複数のアトラシアン製品に適用できます

  • スタイル、高度なトリガー、条件、アクションが追加されました

  • 自動化の監査ログと設定がより高度になりました

ユーザーはプロジェクト設定で、Automation からこれらの新しい機能にアクセスできます。また、一部のユーザーは従来の設定で既存のルールにアクセスできるようになります。これらの古い設定は Legacy Automation に名称変更されました。

Automation を最大限に活用するには、新しく作成するルールに対して、拡張機能の新しいバージョンを使用することをお勧めします。Automation の使用する方法をご確認ください。

2021 年 8 月 30 日に開始される段階的な展開では、すべての新しい Jira Service Management サイトにおいてレガシーの自動化をオフにします。この変更は、単一のパワフルな自動化プラットフォームを提供するための自動化統合に向けた取り組みの一環です。

レガシーの自動化ユーザーには、計画を立ててマイルストーンを決定するとメールで通知されます。また、この記事を定期的に更新して、コミュニティの投稿を通じて最新情報を提供します。

既存のサービス プロジェクトでは、ルールへのアクセスは失われずに通常どおりの使用や編集を継続できます。既存のサイトで新しいサービス プロジェクトを作成すると、レガシーの自動化にアクセスできます。

2021 年 8 月 30 日以降に作成された Jira Service Management サイトでは、プロジェクト設定に 1 つの自動化の選択肢が表示されます。

最終更新日 2021年08月24日)
次でキャッシュ 1:40 AM on Oct 16, 2021 |

その他のヘルプ