• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

自動化でのトリガー、条件、およびアクションの仕組みについて

Automation をお探しですか?

この記事は、2021 年 8 月 30 日より前に作成されたサービス プロジェクトにおけるレガシーの自動化に関連するものです。サービス プロジェクトにレガシーの自動化が表示されない場合は、自動化の記事をご確認ください。

自動化により時間の余裕が生まれ、他の重要な作業に集中できるようになります。しかしまずは、"ルール" をセットアップして、何をいつ行うかを指定する必要があります。

自動化ルールは 3 つの部分で構成されます。

  1. [このような状態になった場合…] のトリガーは、自動化が開始される条件を指定します。

  2. オプションの [以下に一致する場合…] の条件は、特定の課題、ユーザー、コメント、リンク、ステータス、解決状況にのみ影響を与えるようにするためのものです。

  3. [次を実行…] は、自動化で実際に行う内容 (実施するアクション) を示します。

各部分で選択できる内容は、次のとおりです。

このような事態になった場合

自動化ルールでは、自動化アクションを開始するための [このような事態になった場合…] トリガーが 1 つ必要です。以下に、すべての使用可能な [このような事態になった場合…] トリガーを示します。

コメントが追加されました

課題にコメントが追加される。

コメントが編集されました

既存の課題のコメントが編集される。

課題が作成されました

プロジェクトで課題が作成される。

課題の解決状況が変更されました

課題の解決状況が設定または変更される。

ステータスが変更されました

課題がワークフロー内のステージをトランジションする。

リンク済み課題がトランジションされています

同じ Jira クラウド サイトでリンクされている課題が、ワークフロー内のステージをトランジションする。

参加者が課題に追加されました

リクエスト参加者が課題に追加される。

課題に追加された組織

課題に組織が追加される、またはユーザーが組織と課題を共有する。

承認が必要

課題が、承認が必要なワークフロー ステージにトランジションする。

SLA 残り時間

課題の SLA サイクルが特定の残り時間に到達する。

以下に一致する場合

オプションの [以下に一致する場合…] の条件は、ルールがサービス プロジェクトの特定の課題またはアクティビティにのみ影響を与えるようにするためのものです。

[以下に一致する場合…] ステートメントは、[このような事態になった場合…] トリガーによって異なる可能性があります。

以下に、すべての使用可能な [以下に一致する場合…] の条件を示します。

一致する課題

課題が特定のフィルターに一致する。

コメントの表示設定

コメントは、エージェント向けの内部コメントかカスタマー向けの外部コメントになります。

ユーザーのタイプ

ユーザーのタイプはカスタマーまたはエージェントです。

以下を含むコメント

コメントにキー フレーズが含まれる場合。

コメントがプライマリ アクションである

コメントが主なアクションであり、別のアクションの結果ではない。

解決状況の変更

課題の解決状況ステータスの変更により、解決状況フィールドの設定またはクリアが行われた場合。

顧客の可視ステータスが変更されました

課題のワークフロー ステータスの変更はカスタマーに表示されます。

リンク タイプの一致

リンク タイプが特定のタイプのリンクに一致する。

リンクされている課題の一致

リンクされている課題が特定のフィルターに一致する。

次を実行

[このような事態になった場合…] はルールの動作を開始します。[次を実行…] アクションは、ルールで実際に行われる内容です。

以下に、すべての使用可能な [次を実行…] のアクションを示します。

課題のトランジション

課題をワークフローで前後に移動します。

コメントを追加

課題に、エージェント向けの内部コメントまたはカスタマー向けの外部コメントを追加します。

ユーザーにアラート

@メンションを使用して、特定のユーザーに対応を促します。

リクエスト タイプの編集

課題のリクエスト タイプを変更します。このルールを適用する前に、両方のリクエスト タイプが同じ課題タイプを持つことを確認します。

課題の編集

担当者や優先度など、課題のフィールドを変更します。この操作は各課題タイプに表示されていない可能性があるフィールドにも影響を与えます。

メールを送信

カスタム メール通知を送信します。

webhook

POST リクエストを送信します。

 

このページは チーム管理対象 プロジェクト

サービス プロジェクト サイドバーの左下に、[チーム管理対象プロジェクトを利用中です] が表示されていない場合は、チーム管理対象プロジェクトの記事をご確認ください。

企業管理対象プロジェクトとチーム管理対象プロジェクトの違いに関する詳細。

 

その他のヘルプ