• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

外部メールをコメントとして課題に追加できるようにする

既定では、リクエスト参加者以外が課題キーを含むメールをサービス プロジェクトに送信すると、元の課題にコメントを追加するのではなく、新しい課題が作成されます。

これは、リクエスト参加者が誰かにメールを転送し、その人がメールの "宛先" または "cc" フィールドに含まれているサービス プロジェクトのメール アドレスに返信した場合に発生します。

有効な課題キーを含むすべてのメールをコメントとして課題に追加できるようにすることができます。この操作を行うには、Jira 管理者である必要があります。

有効な課題キーを含む外部メールをコメントとして追加できるようにするには、次の手順を実行します。

  1. [設定] () > [製品] > [Jira Service Management] > [設定] の順に移動します。

  2. [メール] の [Allow all emails that contain a valid issue key to be added as a comment to the issue? (有効な課題キーを含むすべてのメールをコメントとして課題に追加できるようにしますか?)] で [はい] を選択します。

これにより、顧客アカウントを持つユーザーからのコメントのみが有効になります。すべてのユーザーからのコメントを有効にするには、関連する権限を有効にする必要があります。

  1. 右上で [設定] () > [製品] > [Jira Service Management] > [ポータルのみの顧客アクセス] の順にクリックして
    [顧客にアカウントの作成を許可する] を選択します。

  2. サービス プロジェクトから、[プロジェクト設定] > [顧客の権限] に移動します[サービス プロジェクトへのアクセス] で [Web 上のすべてのユーザー] を選択します。

この設定を有効にすると、スパム メールがコメントとして課題に追加され、ポータルに表示される可能性があります。ブロックリストを使用して、特定のメール アドレスまたはドメインをブロックできます。ブロックリストの詳細をご確認ください

この設定を有効にすると、外部メールから追加されるコメントがポータルと課題ビューで「リクエスト参加者ではありません」というラベルで識別されるようになります。リクエスト参加者の追加方法をご確認ください

 

その他のヘルプ