robotsnoindex

descriptionサービス プロジェクトのリクエスト ステータスをカスタマイズします。リクエストのステータスの追加および名前の変更、カテゴリの変更などの方法をご確認ください。

ステータス レポートでは、顧客リクエストの現在の状態を一目で把握できます。サービス プロジェクトのリクエスト タイプごとに、サービス チームで使用するステータスをカスタマイズできます。

ステータスはリクエスト タイプのワークフローに関連しており、ワークフロー エディタで編集できます。チーム管理対象プロジェクトのワークフローの詳細をご確認ください

ステータスはリクエスト タイプ間で共有できます。これにより、リクエスト タイプを気にせず、同じステータスのカスタマー リクエストを検索および報告できます。たとえば、リクエストが IT ヘルプか購入リクエストかを問わず、現在 "顧客からの連絡待ち" であるリクエストを見つけることができます。レポートの詳細についてご確認ください。

このページの記載内容を実行するには、プロジェクトの管理者ロールを持っている必要があります。 チーム管理対象プロジェクトの ロールに関する詳細をご確認ください.

リクエスト タイプのワークフローでステータスを追加または作成する

リクエスト タイプにステータスを追加する (またはサービス プロジェクト用に新しいステータスを作成する) には、次の手順を実行します。

  1. プロジェクトのサイドバーから、[Service project settings (サービス プロジェクト設定)] > [リクエスト タイプ] の順に選択します。

  2. サイドバーで、編集するリクエスト タイプを選択します。

  3. [ワークフローを編集] を選択します。

  4. エディタの上部にあるツールバーを使用して、追加するステータスのステータス カテゴリを選択します。実行予定、進行中、または完了のカテゴリに割り当てられるステータスを追加できます。

  5. 追加したいステータスを検索するか、新しい名前を入力して作成します。

  6. [追加] を選択します。

ワークフローに新しいステータスが表示されます。既定では、新たに追加されたステータスは、他のステータスのリクエストがそこに遷移することを許可します。[すべてのステータス] ラベルは、このような "グローバル" なトランジションを表します。

ワークフロー トランジションの作成、編集、および削除の詳細についてご確認ください。.

すべてのプロジェクトのワークフローにわたって最大で 100 個のステータスを、1 つのワークフローに最大 50 個のステータスを追加できます。

リクエスト タイプのワークフローの編集が完了したら、ワークフローのツールバーから [保存して閉じる] を選択します。Jira Service Management はサービス プロジェクトの顧客リクエストとキューを更新して、行った変更を反映します。

リクエスト タイプのワークフローのステータスを編集する、または名前を変更する

ステータスを編集するには、次の手順を実行します。

  1. プロジェクトのサイドバーから、[Service project settings (サービス プロジェクト設定)] > [リクエスト タイプ] の順に選択します。

  2. サイドバーで、編集するリクエスト タイプを選択します。

  3. [ワークフローを編集] を選択します。

  4. ワークフローの図でステータスを選択します。ステータスの詳細パネルが表示されます。

ステータスの詳細パネルで、ステータスの名前とカテゴリを編集できます。

  • ステータスの名前を編集するには、詳細パネルでステータスの名前をクリックします。

  • カテゴリを編集するには、詳細パネルで [カテゴリ] ドロップダウンを選択します。

ステータスはリクエスト タイプ間で共有できます。これらの共有ステータスの名前またはカテゴリを変更すると、Jira Service Management は、そのステータスを使用するすべてのプロジェクトのリクエスト ワークフローの名前とカテゴリも更新します。

編集中のワークフローのステータスのみの名前またはカテゴリを変更する場合、次の手順を実行します。

  1. 詳細パネルの警告テキスト [このステータスは複数のワークフローで共有されます] をクリックします。

  2. [これらのリクエストのステータスのみを変更します] リンクをクリックします。

  3. ステータスに新しい名前を付けます。

  4. [変更] を選択します。

Jira Service Management は、編集中のワークフローのステータス、トランジション、およびルールのコピーを作成します。

ワークフロー トランジションの作成、編集、および削除の詳細をご確認くださいリクエスト タイプのワークフローの編集が完了したら、ワークフローのツールバーから [保存して閉じるを選択します。Jira Service Management はサービス プロジェクトの顧客リクエストとキューを更新して、行った変更を反映します。

リクエストタイプのワークフローでステータスを削除する

ステータスを削除するには、次の手順を実行します。

  1. プロジェクトのサイドバーから、[Service project settings (サービス プロジェクト設定)] > [リクエスト タイプ] の順に選択します。

  2. サイドバーで、編集するリクエスト タイプを選択します。

  3. [ワークフローを編集] を選択します。

  4. ワークフローの図でステータスを選択します。ステータスの詳細パネルが表示されます。

  5. 詳細パネルの下部で [ステータスを削除] を選択します。

ステータスを削除すると、そのステータスに関連付けられているすべてのトランジションとルールが削除されます。 

ステータスはワークフロー間で共有できます。ワークフロー エディタでステータスを削除しても、編集中のワークフローからステータスが削除されるだけです。

ヒント: キーボード ショートカット Ctrl + Z (Macの場合: Cmd + Z) を使用して、ワークフローの編集中に変更を元に戻すことができます。これは、誤ってステータスを削除してしまったが、そのステータスのトランジションを再作成したくない場合に便利です。

リクエスト タイプのワークフローの編集が完了したら、ワークフローのツールバーで [ 保存して終了 を選択します。Jira Service Management は、削除しようとしているステータスを使用しているすべてのリクエストについて警告し、それらを有効なステータスに移動するように促します。Jira Service Management はサービス プロジェクトの顧客リクエストとキューを更新して、行った変更を反映します。