• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

サービス階層とは

サービス階層はサービスに関連付けられるラベルで、ビジネスのオペレーションに対するサービスの重要度を示します。サービス階層を使用すると、ミッションクリティカルなサービスと、便利で有益ではあるが不可欠ではないサービスとを区別することができます。

If you have access to Insight in Jira Service Management, you may set up your services as Insight objects and assign tiers to each object. Learn more about how services work with Insight.

You can also use service tiers to trigger automation rules – for example, if a new issue is created and a Tier 1 service is affected, you could automatically send an email to a specific person or group. Learn more about affected services in automation conditions.

システム内のすべてのサービスは、規模を問わず、サービス階層に割り当てられている必要があります。次のセクションでは、利用を開始するための概要を示します (ご自身のビジネス ニーズを取り入れるために必要に応じてこれらの推奨設定を調整できます)。

ティア 1 サービスは、システムで最もクリティカルなサービスです。サービスの不具合が発生すると、カスタマーや会社の収益に重大な影響をもたらす場合、そのサービスはティア 1 とみなされます。

Tier 2 services are important to your business but less critical than Tier 1. A failure in a Tier 2 service can cause a degraded customer experience in a noticeable and meaningful way but does not completely prevent your customer from interacting with your system.

Tier 3 services can have minor, unnoticeable or difficult-to-notice customer impact, or have limited effects on your business and systems. Customers may or may not even notice that a Tier 3 service is failing.

Tier 4 services are ones that, when they fail, cause no significant effect on the customer experience and do not significantly affect the customer’s business or finances.

 

最終更新日 2021年10月24日)
次でキャッシュ 7:01 PM on Oct 25, 2021 |

その他のヘルプ