• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Microsoft Teams をサービス プロジェクトに接続する

Microsoft Teams はチャットとビデオ会議ツールです。Jira Service Management に接続することで、インシデント担当者が容易にコミュニケーションやコラボレーションを行って、インシデントを解決できるようにします。[インシデント] 作業カテゴリを有効にした IT サービス管理プロジェクトでサポートされています。サービス プロジェクトに作業カテゴリを追加する方法をご確認ください

Jira Service Management を Microsoft Teams と接続することで、次のことが可能になります。

  • チャットや会議を簡単に作成して、インシデント中にコラボレーションを行う

  • 対応者をチャットやミーティングに招待

  • チャットやミーティングでインシデントのすべての詳細情報を確認

  • インシデントの優先度を更新して、チャットからインシデントを自分自身に割り当てる。

  • Teams でのチャット メッセージを内部メモとしてインシデントに追加したり、顧客への返信として追加したりする。

開始するには、サイト管理者が Jira Service Management サイトを Microsoft テナントに接続してから、プロジェクト管理者がプロジェクトの Microsoft Teams を有効にする必要があります。

Jira Service Management サイトを Microsoft テナントに接続する

Microsoft Teams に表示された Atlassian ChatOps アプリ

Jira Service Management サイトを Microsoft テナントに接続するには、サイト管理者である必要があります。

  1. Microsoft Teams で Atlassian ChatOps アプリを開き、[追加] を選択してセットアップを開始します。

  2. アプリでプロンプトが表示されたら、Atlassian アカウントで登録します。

  3. Teams と接続する Jira Service Management サイトを選択し、[接続] を選択します。Microsoft Teams に接続できるサイトは 1 つだけです。また、接続するには、サイト管理者である必要があります。

  4. Teams 管理者であり、Jira Service Management に対して Microsoft Teams でのチャットやミーティングの作成を許可できる場合は、[権限を付与] を選択します。Teams 管理者でない場合は、リンクをコピーして Teams 管理者と共有し、Jira Service Management への権限付与を承認してもらえるようにします。Atlassian ChatOps で必要になる権限の詳細をご確認ください

サイトを Microsoft Teams に接続した後、インシデントに関するチャットやミーティングを作成するには、事前にプロジェクト管理者がプロジェクトに対して Microsoft Teams を有効にする必要があります。

プロジェクトの Microsoft Teams を有効または無効にする

プロジェクトに対して Microsoft Teams を有効または無効にするには、プロジェクト管理者である必要があります。

  1. 左側のナビゲーションから [プロジェクト設定] > [インシデント管理] の順に移動します。

  2. [コミュニケーション設定] で [Microsoft Teams] オプションのオン/オフを切り替えます。

Microsoft Teams をプロジェクトに対して有効にすると、チャットとミーティングをインシデントに作成できます。Microsoft Teams のチャットまたはミーティングをインシデントに作成する方法をご確認ください

無効にすると、チャットやミーティングをそのプロジェクトのインシデントに作成できなくなります。いつでも有効に戻して、Jira Service Management から Microsoft Teams のチャットとミーティングの作成を再開できます。

Jira Service Management サイトを Microsoft テナントから接続解除する

Jira Service Management サイトを Microsoft テナントから接続解除するには、サイト管理者である必要があります。

  1. 画面の右上で [設定] () > [製品] の順に選択します。

  2. Jira Service Managementインシデント管理ツールを選択します。

  3. [Microsoft Teams] で [切断] を選択して、アクションを確認します。

切断しても、Microsoft Teams のデータは削除されません。Jira Service Management との接続のみが削除され、Jira Service Management から新しい Microsoft Teams チャットまたはミーティングを作成できなくなるだけです。いつでも再接続できます。

Atlassian ChatOps で必要になる権限

Atlassian ChatOps で自動的にデータを読み取ったり、アクションを実行したりするには、以下の権限が必要です。

  • チャットの作成: アプリに対して、Microsoft Teams でチャットを作成することを許可します。

  • チャット内のユーザーの管理: アプリに対して、ユーザーにチャット全体へのアクセス権を付与したり、ユーザーのアクセス権を削除したりすることを許可します。古いメッセージはすべて、チャットの参加者であれば誰でも見ることができます。

  • データへのアクセスの維持: アプリに対して、アクセスを許可したすべてのデータへの継続アクセス (ユーザー トークンを使用) を許可します。

  • ユーザーのミーティングの管理: アプリに対して、Microsoft Teams におけるユーザーのすべてのミーティングを管理することを許可します。

  • ユーザーのサインイン認証情報の読み取り: アプリに対して、ユーザーの認証情報 (ユーザー ID やメール ID など) を読み取ることを許可します。

  • チャットやミーティングへの参加: Microsoft Teams に対して、Jira Service Management から作成されたチャットやミーティングにアプリを追加することを許可します。

  • ユーザー用の Atlassian ChatOps アプリの追加: Microsoft Teams のユーザー用にアプリを追加して、Microsoft Teams からインシデントに対するアクションを実行することを許可します。

  • ユーザー別の基本プロファイル情報の読み取り: アプリに対して、ユーザーの基本プロファイル情報 (ユーザー ID、メール ID、組織名など) を読み取ることを許可します。

  • すべてのユーザーの基本プロファイル情報の読み取り: アプリに対して、すべてのユーザーの基本プロファイル情報 (ユーザー ID、メール ID、組織名など) を読み取ることを許可します。これは、チャットやミーティングに参加するユーザーを追加または削除したり、ユーザー データを調べたりするために必要です。

その他のヘルプ