• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

利用可能な事前設定済みの自動化ルール

Automation をお探しですか?

This article is relevant to Legacy automation in service projects created before August 30, 2021. If you don’t see Legacy automation in your service project, check out these Automation articles.

サービス プロジェクトには、自動化のセットアップに使用可能な、次の事前設定済みのルールが付属しています。

コメントで返信ステータスを更新

誰かのコメントがあると、課題のステータスを次の状態に更新します。

  • カスタマーがコメントしたときにサポートからの連絡待ちに移行

  • チームがコメントしたときに顧客からの連絡待ちに移行

コメントで課題を再オープン

カスタマーが解決済みの課題にコメントしたときに、クローズ済みの課題を再オープンします。

緊急課題アラート

カスタマーが緊急のリクエストを送信したときに、コメントでメンションを使用してチームのメンバーに注意を促します。

高リスク SLA のアラート

課題がいずれかの SLA に違反しそうなときにコメントでメンションを使用してエージェントに注意を促します。

解決済み課題のクローズ

課題が解決して 10 日間経つと、課題がクローズされ、カスタマーに通知されます。

課題にリンクされた Jira の更新

課題ステータスがトランジションしたときに、同じプロジェクトまたは同じインスタンスの別のプロジェクトのリンク済み課題にコメントを追加します。

メール リクエストのトリアージ

メールの件名からキーワードを分析して、メールで送信された課題にリクエスト タイプを割り当てます。

カスタマーへのコメントの要求

課題のステータスが顧客からの連絡待ちになって 5 日間が経つと、コメントでメンションを使用してカスタマーにリマインダが送信されます。

最終更新日 2021年08月 8日)
次でキャッシュ 9:03 PM on Oct 25, 2021 |

その他のヘルプ