robotsnoindex


Jira Cloud for Slack アプリでは、Jira プロジェクトを Slack に接続して、個人通知の表示、課題の自動プレビューの表示、Jira 課題の作成、Jira 課題とのやり取りのすべてを、Slack 内から行えます。

Jira Cloud と Slack を連携させる

  1. Jira Cloud for Slack を  Slack ワークスペースにインストールします。 
  2. インストールすると、Atlassian アカウントにログインして Slack と Jira をリンクするように案内されます。これには数分かかります。
  3. ログイン後、Slack の Jira Cloud アプリからダイレクト メッセージを受け取ります。これにより、Slack チャンネルに Jira プロジェクトを接続することができます。

設定すると、次を利用できるようになります。

  • Slack での Jira の個人通知 - メールの代わりに @Jira を使った DM を通じて、Jira の個人通知を Slack で受信します。
  • Jira プロジェクトを Slack に接続する - Slack (@Jira を使った DM 経由) またはユーザーが指定するチャネルで、特定のプロジェクトの最新情報を受信する
  • 課題のプレビュー - Jira の課題リンク/課題キーが会話で送信されると、関連する課題のプレビューが参考として自動送信される
  • Slack から課題を作成する - 会話の内容に基づき、Slack から直接課題を作成する
  • Slack から課題を操作する - Slack から課題をトランジション、割り当て、コメント、ウォッチする

メールの代わりに Slack で Jira の個人通知を受け取る

Jira Cloud アプリを Slack ワークスペースに追加すると、Jira の個人通知を Slack で受信できるようになります。

  1. Slack で、@Jira 宛ての DM、任意のパブリック チャンネル、または @Jira が招待されているプライベート チャンネルを開きます。
  2. /jira notify と入力します。
  3. [Turn on personal notifications (個人通知をオンにする)] を選択します。
  4. 通知を受け取るタイミングを決めて [送信] を選択します。

Slack で個人通知を設定したら、Jira で [個人設定] > [課題アクティビティ用メール通知] の順に移動すると Jira のメール通知を無効化できます。

Slack チャネルを Jira プロジェクトに接続する

Slack ワークスペースに Jira Cloud アプリを追加すると、Jira Cloud プロジェクトから Slack チャンネルへの通知の送信を、さまざまな方法でセットアップできます。

bot をチャンネルに招待する

Jira Cloud bot を Slack チャンネルに招待すると、bot によってチャンネルとプロジェクトを接続できます。

Atlassian アカウントを複数の Jira Cloud サイトと連携している場合は、サイトを選択してからチャネルに接続するプロジェクトを選択します。この接続を確立したら、チャネルに確認メッセージが送信されます。

「/jira connect」と入力

公開チャネルと非公開チャネルで/jira connectと入力して、Jira Cloud と Slack の間の接続をすばやく設定できます。

注意: この機能は、他の Slack ユーザーとのダイレクト メッセージはサポートされていません。

Jira Cloud プロジェクトと Slack チャネルの間の接続を管理する

アップデートするチャネルで/jira manageと入力して、サブスクリプション設定を管理できます。そこから [管理] を選択して Jira Cloud の接続を構成します。 

Jira Cloud for Slack アプリを使用して Jira 課題のプレビューを表示する

1 つ以上の Jira 課題リンクか課題キー (大文字で記載するため、dev-36 ではなく DEV-36) を含めたメッセージを誰かが記載すると、ボットによってメッセージが展開され、課題のプレビューが表示されます。こうすることで、メッセージを見る人は Jira にアクセスせずに送信者の意図を理解できます。

注: Slack チャンネルで課題キー (DEV-36 など) を使用して Jira 課題を展開するには、チャネルを関連するプロジェクト (DEV など) へ以下を介して接続する必要があります。 /jira connect

Slack から Jira 課題を操作する (unfurling)

ボットによって Jira 課題のプレビューが展開されたら、プレビューにあるインタラクション ボタンまたは [その他の操作] メニューを選択して、課題に対するアクションを実行します。そのため、Jira の課題をアップデートするために会話の流れを中断する必要がありません。

Slack を離れることなく Jira 課題にアクセスする

Slack を離れずに Jira から作業を確認する手順は以下の通りです。

  1. あなたのチャネルと DM があるサイドバーの [アプリ] セクションを見つけます。
  2. Jira アプリに移動し、[ホーム] タブに移動します。
  3. ここでは、Jira からあなたの仕事を見つけることができます (あなたに割り当てられた課題とあなたがウォッチしている課題)。

課題の横にある [] メニューを選択して、それらの課題をウォッチ解除/ウォッチ、割り当て、トランジション、コメントします。

Jira Cloud Slack アプリでスラッシュ コマンドを使用する

Jira Cloud for Slack では次のようなスラッシュ コマンドを使用できます。

スラッシュ コマンド

操作

/jira notify

Jira の個人通知を Slack に直接表示します。すでに個人通知を設定している場合は、/jira notify を使用して通知設定を調整できます。

/jira connect

Slack チャンネルを Jira プロジェクトに接続し、そのプロジェクトの最新の通知を受け取ります。

/jira manage

対象のチャンネルでの Jira プロジェクト接続を管理します。

/jira create

このコマンドで作成されるダイアログを使い、要約、説明、および課題タイプを入力して Slack から Jira チケットをすばやく作成できます。 このコマンドを発行した Slack チャンネルにプロジェクトが接続されている場合、作成された課題の所属先にはそのプロジェクトが自動的に選択されます。

注: Slack に表示されるフィールドは、Jira に表示される順序と異なる場合があります。

/jira create [issueType] [Summary] [description]

Jira 課題をさらにすばやく作成できます。この構文を使用して、課題タイプ、要約、および説明を指定できます。例:

/jira create bug Printer is on fire

The printer on floor 16 is on fire. I suspect this has a high priority

/jira [issue key]

特定の Jira Cloud 課題についての情報を取得します。例:

/jira PROJ-12

この情報は、管理者 (またはコマンドを使用するユーザー) のみに表示されることにご注意ください。

/jira feedback

Jira Cloud for Slack アプリのフィードバックを送信します。

/jira logout

Atlassian ID からログアウトします。Atlassian ID は、接続先や Jira 課題の作成先となるサイトのリストを取得するために使用されます。ログアウトしても、それまでにセットアップしたサブスクリプションは削除または停止されません

/jira help

利用可能なさまざまなスラッシュ コマンドのヘルプ情報を表示します。

Slack 経由で Jira にユーザーを招待する

Jira Cloud for Slack アプリは、チーム メイトが必要なときに Jira にアクセスできるようにします。

Slack から

  • Slack ユーザーを招待する、またはユーザーに代わってアクセスをリクエストする – ユーザーが Jira にアクセスできない Slack チャネルに Jira リンクを追加すると、アプリはユーザーを直接招待する (可能な場合) か、管理者にアクセスを許可するリクエストを送信するように求められます。管理者はこれらのリクエストを、Atlassian Administration または Slack で直接確認できます。

  • 自分のアクセスをリクエストする - Slack ユーザーが Jira リンクを受信しても Jira へのアクセス権がない場合、アプリは Jira へのアクセスをリクエストすることを許可します。管理者はこれらのリクエストを、Atlassian Administration または Slack で直接確認できます。

Jira から

  • Jira UI からユーザーを Jira に招待する際は、Slack ワークスペースからチームメイトを直接招待できます。[ユーザー] > [チームメイトを招待] の順に移動します。その後、[次のチームメイトを接続] > [Slack] の順に移動します。

Slack 用 Jira Server インテグレーションから Jira Cloud アプリへ移行する

Jira Cloud サイトですでに Webhook に基づいて Jira Server インテグレーションをセットアップしている場合は、次の手順に従って Jira Cloud アプリに切り替えます。

  1. your-slack-team.slack.com/apps/manage に移動して Jira Server を選択します。
  2. 削除する各構成で、鉛筆アイコン、右上にある [無効化] または [削除] の順に選択します。
  3. https://slack.atlassian.com に移動して、[Slack に追加] を選択して新しい Jira Cloud for Slack アプリをインストールします。
  4. インストール手順に従って新しいアプリをセットアップします。

Jira Cloud サイトを確認したら、新しいアプリを構成して既存の設定を管理できます。

セキュリティに関する考慮事項

Jira Cloud for Slack アプリは、課題レベルと管理レベルで既存の Jira 権限を優先します。

  • @jira課題レベルのセキュリティを含む Jira Cloud プロジェクトに接続されている場合、セキュリティが設定された課題についての Slack 通知は送信されません。

アプリが有効化されていない場合は、この Jira Cloud インスタンスとの接続は管理者によって無効化されました」などのメッセージが表示されることがあります。