• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

初期設定の [システム] 課題タイプとは

それぞれの Jira 製品には、プロジェクトやチームのニーズに適した一連の課題タイプが用意されています。それぞれの IT サービス管理作業カテゴリ (サービス リクエスト、インシデント、問題、変更、インシデント事後レビュー) には初期設定の課題タイプがあり、こうしたカテゴリごとにベスト プラクティスのワークフローとフィールドが設定されています。サービス プロジェクトのこうした課題タイプには、名前の先頭に [システム] が付いています。

初期設定の課題タイプ フィールド

  • [[システム] サービス リクエスト] フィールド: 緊急性、影響、保留理由、製品分類、操作分類。

  • [[システム] インシデント] フィールド: 影響を受けるサービスとハードウェア、緊急性、影響、重大度、保留理由、ソース、製品分類、対応者、操作分類。

  • [[システム] 問題] フィールド: 影響を受けるサービスとハードウェア、調査理由、緊急性、影響、根本原因、回避策、保留理由、ソース、製品分類、操作分類。

  • [[システム] 変更] フィールド: 影響を受けるサービス、変更タイプ、影響、緊急性、変更リスク、変更理由、導入計画、バックアウト計画、テスト計画、開始予定日、終了予定日、変更開始日、変更完了日、承認者グループ。

  • [[システム] インシデント事後レビュー] フィールド: 影響を受けるサービスとハードウェア、緊急性、影響、重大度、保留理由、ソース、製品分類、対応者、操作分類。

すべての初期設定フィールドを課題タイプに追加する方法をご確認ください

 

Jira Service Management の管理者は、サービス プロジェクトに対して課題タイプを追加または削除して、エージェントが行うさまざまなタイプの作業を表せます。各課題タイプは 1 つの特定のワークフローにマッピングされますが、サービス プロジェクトで利用可能なフィールドにもアクセスできます。

その他のヘルプ