• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

SLA とは何ですか。それらをサービス プロジェクトで表示するにはどうすればよいですか?

プロジェクト管理者はサービス水準合意 (SLA) を作成し、サービス プロジェクト チームが顧客に提供したサービスのレベルを測定できます。これには、さまざまなタイプのリクエストの対応や解決にかかった時間が含まれます。

SLA を使用してプロアクティブな対応を実現できます。Jira Service Management の強力なルール エンジンによって、リクエストにキューが追加されると、SLA 目標が自動的に適用されます。SLA タイマーはチームのサービス目標を達成するために残された時間を視覚化するのに役立つため、完了が必要な作業を常に追跡できます。シンプルな配色により、急ぎではない作業と、すぐに取り組む必要がある作業をわかりやすく確認できます。

SLA はリクエストの課題ビューでキューに表示され、ユーザーは SLA のステータスを追跡できます。これには以下が含まれます。

時計の残り時間 - SLA 内にリクエストを解決するために残された時間です。SLA に違反すると、時間が負の数で表示されます。タイマーは自動的に黄色に変わり、SLA に違反すると赤色に変わります。

ステータス アイコン - リクエストのステータスを表示します。次のアイコンが使用されます。

  • 時計 - 時計が水色の場合、SLA がまだ測定中であることを示します。ただし、時計が赤色になると、リクエストは期限切れとなり、SLA に違反したことを示します。

  • 一時停止 - クロックが SLA のカウントを停止した場合、一時停止アイコンが表示されます。この例として、顧客に追加情報の提供を依頼して返信を待っているときがあります。

  • 赤い X 印 - SLA に違反した場合には、赤い X が表示されます。

  • 緑色のチェック - SLA 内にリクエストを完了すると、緑色のチェック マークが表示されます。

SLA 名と解決までの時間 - 測定されている SLA タイプと、リクエストの解決までの時間を示します。例: Time to resolution 8 時間以内。カレンダー アイコンにカーソルを合わせ、SLA の測定に使用されているカレンダーを確認できます。

最終更新日 2020 年 11 月 10 日
次でキャッシュ 8:54 AM on Oct 20, 2021 |

その他のヘルプ