• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

開発チームがバグの解決に関与するためのステップを追加する

バグ課題タイプの課題の調査を支援できるよう、開発用のステップを追加できます。このステップは、開発チームで対応中のバグをサービス プロジェクト チームが追跡するのに役立ちます。また、課題が開発者によって調査されていることが顧客にもわかります。

ワークフローを変更してカスタム サービス管理プロジェクトを用意するには、Jira 管理者である必要があります。

開発チームが関与するためのステップを追加するには、次の手順を実行します。

  1. [設定] () > [課題] > [ワークフロー] に移動します。

  2. [Jira Service Management のデフォルト ワークフロー] を見つけ、[編集] を選択します。

  3. [+ ステータスの追加] を選択します。

  4. ワークフロー ステータスの名前を入力します。例: 開発チーム待ち

  5. 追加 を選択します 。

  6. ステータスの説明を入力します。

  7. [カテゴリ] で [In Progress] を選択します。

  8. [作成] を選択します。

このワークフロー ステータスを使用するには、このワークフロー ステータスにトランジションを追加します。

  1. [開発チーム待ち] ステータスを選択します。

  2. [トランジションの追加] を選択します。

  3. [前のステータス] ドロップダウンで、[進行中の作業] を選択します。

  4. [次のステータス] ドロップダウンで、[開発チーム待ち] を選択します。

  5. このトランジションの名前を選択します。たとえば、"開発チームにエスカレーション" とします。

  6. [画面] ドロップダウンで、[ワークフロー画面] を選択します。

  7. 追加 を選択します 。

エージェントがリクエストを完了とマークすることを許可するには、次のように "完了" へのトランジションを追加します。

  1. [+ トランジションの追加] を選択します。

  2. [ソース ステータス] ドロップダウンで、[開発チーム待ち] を選択します。

  3. [ターゲット ステータス] ドロップダウンで、[完了] を選択します。

  4. [名前] フィールドに、求めるアクションを入力します。たとえば、"クローズとしてマーク" とします。

  5. [画面] ドロップダウンで、[課題の解決画面] を選択します。

上記が完了したら、[下書きの公開] を選択して変更をワークフローに確定します。ワークフローでの作業については、こちらをご覧ください。

最終更新日 2021年03月26日)
次でキャッシュ 8:54 AM on Oct 20, 2021 |

その他のヘルプ