• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

インシデント事後レビューとは

インシデント事後レビュー (PIR) ではユーザーとチームが集まって、インシデントの詳細を話し合います。これには、インシデントが起こった理由、その影響、解決するために取られた措置、そしてチームが再発を防止する方法などが含まれます。

インシデントを解決する目的は、問題の影響を最小限に抑えて通常業務に迅速に復帰することです。一方でインシデント事後レビューを完了する目的は、それらのインシデントから学んでフラストレーションをチャンスに転換することです。

PIR によって、システム内の脆弱性を発見して繰り返されるインシデントを阻止し、将来のインシデント解決までの時間を短縮する機会を提供します。これらは、常時稼働サービスのライフサイクルにおける重要なステップとなります。レビューによって明らかになった事実を計画プロセスにフィードバックして、今後の作業に対して重要な修正を適用する必要があります。インシデントの内容とチームがそれをどのように解決したかをドキュメント化することで、今後のインシデントに対する対応方法を周知できます。

インシデント事後レビューを正式な書面として残すもう 1 つのメリットは、インシデントに取り組んだすべてのユーザーが学んだことを共有して、チーム内の信頼と回復力を構築できることです。

パートナー、顧客、その他のユーザーはエクスペリエンスを向上するために、サービスの停止中に何が起こったのか、どのようなステップを踏んだかを知りたいと考えるでしょう。PIR の完了後にそこから得られた知見を一般公開された Web サイトで公開することは、一部のケースにおいては不適切な場合があります。しかし、マーケティング チームまたは PR チームが表現を適切に変えることで、閲覧者が有益な形で情報を入手できてサービスに対する信頼を高められます。

インシデント事後レビューのベスト プラクティスに関する詳細をご確認ください

その他のヘルプ