• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Jira Service Management のチーム管理対象プロジェクトとは

現在、Jira Service Management Cloud では企業管理対象プロジェクトとチーム管理対象プロジェクトの両方がサポートされています。プロジェクト タイプ間の基本的な機能は同じですが、組織に最適なタイプを判断するために把握する必要がある主要な違いがあります。

企業管理対象プロジェクトとチーム管理対象プロジェクトの違い

チーム管理対象 サービス プロジェクトのプロジェクト構成はより簡単で、プロジェクト管理者は Jira 管理者の手を借りることなくセットアップを詳細に制御できます (企業管理対象プロジェクトでは Jira 管理者がスキームや画面を設定する必要があります)。どちらのプロジェクト タイプにも、エンタープライズ サービス管理 (ESM) テンプレート (カスタマー サービス、人事、設備、法務サービス管理) があります。

企業管理対象プロジェクトでは、Jira 管理者はプロジェクトの基盤となる画面とスキームを設定する必要があります。このため、企業管理対象プロジェクトはより複雑なプロジェクト構成を持ちますが、チーム管理対象プロジェクトにはないプロジェクト全体のワークフローを標準化する機能も提供されます。Jira 管理者がスキームと画面を変更すると、その構成を使用するすべての企業管理対象プロジェクトがそれに応じて変更されます。チーム管理対象プロジェクトでは、プロジェクト内でのみワークフローをコピーできます。サイト上の別のプロジェクトにはコピーできません。企業管理対象プロジェクトは、最新の IT サービス管理テンプレートを使用しても作成できます。チーム管理対象プロジェクトと企業管理対象プロジェクト間を移行する方法についてご確認ください

機能一覧

また、現在、チーム管理対象プロジェクトと企業管理対象プロジェクトでは異なる機能が提供されます。ニーズに合ったプロジェクト タイプを判断するには、次の機能のリストをご確認ください。

企業管理対象 サービス プロジェクト

チーム管理対象 サービス プロジェクト

高度なセットアップと構成

簡単にセットアップできる、再設計された機能

クラシックなルック アンド フィール

新しいルック アンド フィール

Jira の高度なユーザーに最適

新しい機能の定期的な追加

高度な構成

素早く簡単にセットアップ

Jira 管理者が管理

プロジェクト メンバーが管理

詳細な権限

シンプルな権限

高度なワークフロー エディタ

使いやすいワークフロー エディタ

アセット管理

アセット管理

言語サポート

言語サポート

承認

承認

エージェント通知

エージェント通知 近日公開

カスタマー トランジション

カスタマー トランジション 近日公開

企業管理対象プロジェクトかチーム管理対象プロジェクトかを選択する方法

次の場合は、チーム管理対象プロジェクトを選択します。

  • チームで作業を素早く開始するために簡単なプロジェクト構成を利用したい場合

  • 組織内で互いに独立したプロジェクトが必要な場合

  • プロジェクト テンプレートを使用したい ESM チームの場合

次の場合は、企業管理対象プロジェクトを選択します。

  • チーム全体で一貫したワークフローが必要な場合

  • 企業管理対象プロジェクトには、チーム管理対象プロジェクトでは利用できない機能が用意されています。

  • IT サービス管理テンプレートを使用する場合は、

ご質問がある場合、提案を提供したい場合、または今後の予定を確認したい場合は、アトラシアン コミュニティにご参加ください。

 

最終更新日 2021年04月 8日)
次でキャッシュ 1:35 AM on Oct 16, 2021 |

その他のヘルプ