• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

マージされていないアカウントの Opsgenie 関係者ロールについて

この記事では、マージされていない Jira Service Management と Opsgenie のライセンスを持つサイトについて説明します。Opsgenie と Jira Service Management をマージする方法についてご確認ください

Opsgenie と Jira Service Management を 2 つのスタンドアロン製品 (未マージ) として使用している場合、Jira Service Management は IT サービス管理 (ITSM) プロジェクト、またはインシデント管理カテゴリが有効になっているプロジェクト タイプに関連する管理者またはエージェントに対して、Opsgenie 関係者ロールを自動で作成します。

つまり、Atlassian アカウントを持っているものの Opsgenie ライセンスを持たないユーザーは、追加の Opsgenie ライセンスを購入しなくても、ITSM プロジェクトの主要なインシデント機能を引き続き使用できます。すでに Opsgenie ライセンスを所有しているユーザーには、このアクセス権と追加の Opsgenie 機能も付与されます。

関係者は Opsgenie で最低限の機能を持ち、インシデント詳細を読み取り専用として閲覧できますが、インシデント中には常に最新の情報が提供されます。Jira Service Management によって作成された関係者は削除できますが、ユーザーが次に ITSM プロジェクトにアクセスした際に自動で再追加されます。

Opsgenie 関係者ロールの詳細インシデント管理におけるユーザー ロールの詳細をご確認ください。

最終更新日 2021年09月 9日)
次でキャッシュ 9:00 AM on Oct 20, 2021 |

その他のヘルプ