• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

サービス プロジェクトで対応者フィールドを追加または削除する

この記事では、現在展開している機能について説明します。これらの機能がサイト上で公開される時期は、リリース ノートまたは Atlassian コミュニティでご確認ください。

対応者フィールドによって、対応者として適切な人物とチームをインシデントにすばやく追加できます。また、これを使用して、課題ビューから対応者アラートを作成して承認できます。

対応者フィールドは、サービス プロジェクトでアラートが有効になっている場合に最も効果的です。プロジェクト管理者は、プロジェクト設定の [インシデント管理] 設定ページでアラートを有効にできます。これをオンにして設定すると、ユーザーが割り当てられた時、対応者として追加された時、またはインシデントでサービスを所有した時にアラートが自動で作成されます。対応者アラートの詳細をご確認ください

サービス プロジェクトで対応者を使用するには、まずインシデント リクエスト タイプに関連付けられている課題タイプに対応者フィールドを追加する必要があります。フィールドを追加する課題タイプがわからない場合は、インシデント リクエスト タイプからフィールドを追加できます。リクエスト タイプのフィールドをカスタマイズする方法をご確認ください

課題タイプにフィールドを追加するには、Jira 管理者である必要があります。

課題タイプから対応者フィールドを追加または削除するには、次の手順に従います。

  1. サービス プロジェクトで [プロジェクト設定] > [課題タイプ] の順に移動します。

  2. 課題タイプの名前を選択して、対応者フィールドを追加するインシデントの課題タイプを選択します。これによって、選択した課題タイプの設定ページが表示されます。

  3. このページの右上隅にある [フィールド] ボタンを選択します。

  4. 現在のフィールド リストの下にある [フィールドの選択] ドロップダウンを見つけます。

  5. 入力を開始するか、ドロップダウンを使用して検索を行い、[対応者] フィールドを選択します。

  6. 課題タイプから対応者フィールドを削除するには、フィールド上にカーソルを移動して [削除] を選択します。

このフィールドを追加すると、この課題タイプを共有するすべてのリクエスト タイプの課題ビューに表示されます。課題ビューの詳細をご確認ください

[フィールドの選択] ドロップダウン リストに対応者フィールドが表示されない場合は、[プロジェクト設定] の [インシデント管理] 設定ページに移動します。サイトに対応者フィールドを追加するように求められます。[フィールドを自動で追加] を選択して対応者フィールドを作成し、上記の手順に従ってインシデント リクエスト タイプに追加します。

最終更新日 2021年10月13日)
次でキャッシュ 3:45 PM on Oct 23, 2021 |

その他のヘルプ