• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

カスタマー通知のコンテンツの作成および編集

カスタマー通知を作成または編集するには、プロジェクト管理者である必要があります。

通知を作成または編集するには、次の手順を実行します。

  1. サービス プロジェクトで、[プロジェクト設定] > [顧客通知] の順に選択します

  2. 編集する通知を選択してから、[編集] を選択します。

  3. [宛先] を選択して編集することで受信者を選択します。追加された受信者の横にある [x] を選択して、受信者を削除できます。

  4. [コンテンツ] の下で、メッセージを編集します。[変数を挿入する] ドロップダウンを使用して変数を追加し、課題からさまざまな情報を引き出すことができます。

  5. [有効化] を切り替え、カスタマー通知のオンとオフを切り替えます。

  6. [保存] を選択して変更を確定します。

「作成済みリクエスト」のカスタマー通知編集画面

受信者の選択

受信者を選ぶ際は、次のうち 1 つ以上を [宛先] フィールドに追加します。

報告者 (カスタマー)

リクエストの報告者

この通知は、報告者がカスタマーポータルで通知の受信をオプトアウトしている場合でも送信されます。

参加しているカスタマー

報告者やリクエスト参加者など、リクエストに関与しているすべてのカスタマー。

この通知は、カスタマーがポータルまたはリクエストのメールスレッドで個人のリクエストに関する通知をオフにしている場合、そのカスタマーには送信されません。

追加された参加者

リクエスト参加者として追加されたユーザー。

追加された組織

リクエストが共有されている組織内のユーザー。

承認者

リクエストを承認または拒否する必要があるエージェント。

アクションの原因となったユーザーを除外

規則をトリガーしたユーザーを通知の受信者から除外します。たとえば、カスタマーがリクエストにコメントを追加した場合、そのカスタマーが本人のコメントついて通知を受け取らないように除外することができます。


課題変数を含める

変数を使用して、課題からさまざまな情報を取り込んでメッセージに挿入することができます。[挿入を変数する] ドロップダウン メニューを選択し、カスタマイズしている通知に有効な変数を追加します。

受信者名

メールを受け取る人のフルネーム。 ${recipient.name}

アクションの原因となったユーザーの名前

コメントの追加などにより、通知をトリガーした人のフルネーム。 ${event.user.name}

課題の概要

課題の概要。存在しない場合は空白。 ${issue.summary}

課題の説明

課題の説明。存在しない場合は空白。 ${issue.description}

課題キー

課題キー (例: IT-123)。 ${issue.key}

課題の報告者

課題を報告したユーザーのフルネーム。 ${issue.reporter.name}

課題の解決状況

課題の解決状況 (「完了」など)。 ${issue.resolution}

リクエスト URL

カスタマーポータル内のリクエストの URL。 ${request.url}

コメント

課題に追加されたコメント。 これは、"Comment added" または "Comment edited" WHEN トリガーの使用時にのみ利用可能です。 ${comment}

リクエストステータス

カスタマー ポータルに表示される、リクエストのカスタマー向けのステータス。 ${request.status}

ポータル名

ポータル名。これはポータル設定ページで編集できます。 ${portal.name}

最終更新日 2020 年 11 月 9 日
次でキャッシュ 6:42 PM on Oct 28, 2021 |

その他のヘルプ