• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

プロジェクトで仮想エージェントをオフにする

Premium プランと Enterprise プランのすべての Jira Service Management のお客様が仮想エージェントを利用できるようになりました。プランと価格については、こちらをお読みください

仮想エージェントを使用しない場合は、無効にできます。

プロジェクト管理者のみが仮想エージェントを無効化できます。

プロジェクトで仮想エージェントをオフにする

仮想エージェントをオフにするには、次の手順に従います。

  1. 左側のナビゲーションから、[プロジェクト設定] > [仮想エージェント] の順に選択します

  2. [設定] を選択します。

  3. [Atlassian Intelligence による回答] の横にあるトグルをオフにします。

  4. [リクエスト チャネル] を選択します。

  5. [リクエスト チャネル] と [AI による回答] で、すべてのトグルをオフにします。

仮想エージェントをオフにした場合のデータへの影響

仮想エージェントを使用しない場合は、組織管理者によって仮想エージェントをオフにできますが、Jira Service Management プロジェクトを削除するまでデータは保持されます。Jira Service Management プロジェクトを削除してから 5 営業日以内に、トレーニング済みの機械学習モデルとトレーニング データセットが削除されます。なお、アトラシアンは、お客様のデータから導き出された一般的なカスタマーからの質問を保持する場合があります。

さらにヘルプが必要ですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。