• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

サービス プロジェクトに言語を追加する

通常、ポータルにはサービス プロジェクトの既定言語が表示されます。ただし、ポータルやメール通知を顧客向けに複数の言語に翻訳できます。言語サポートの詳細についてご確認ください。

言語が顧客に確実に表示されるようにするには、翻訳をレビューしてご確認のうえ、有効にする必要があります。

新しい言語をサービス プロジェクトに追加するには、次の手順に従います。

  1. サービス プロジェクトで、[プロジェクト設定] > [言語サポート] の順に移動します

  2. [言語を追加] を選択します。

  3. 追加する言語の横にあるチェックボックスをチェックにして、[追加] を選択します。

これらの言語は [言語サポート] のリストに追加します。このリストには、言語のステータスとその翻訳に関する情報が表示されます。

言語の翻訳を追加してレビューする

翻訳の追加は、ヘルプ センターのお知らせなどカスタマイズされたコンテンツの場合に特に重要です。これらに翻訳が追加されていない場合は、初期設定のサービス プロジェクト言語で表示されます。一部の翻訳は自動で生成されるため、ヘルプ センターで顧客に表示される前にレビューして確認する必要があります。

言語の翻訳を追加またはレビューするには、次の手順に従います。

  1. サービス プロジェクトで、[プロジェクト設定] > [言語サポート] の順に移動します

  2. リストから、翻訳を追加またはレビューする言語を選択します。

  3. サイドバーのナビゲーションから、翻訳を追加するセクションを選択します。

  4. 翻訳を追加して [保存] を選択します。

  5. サイドバーのナビゲーションを確認してください。翻訳レビューが必要なセクションは、黄色の点でマークされます。

  6. 翻訳レビューが必要なこれらのセクションに目を通してください。[翻訳を確認] を選択して、翻訳が最新であることを確認します。

  7. [保存] を選択します。

特定の言語用に翻訳が設定されていない場合、課題タイプ、ステータス解決状況優先度の各フィールドは既定言語で表示されます。解決状況、優先度、ステータス、課題タイプの翻訳についてご覧ください。

言語をサービス プロジェクトで有効にする

初期設定では、新規追加された言語は無効になっています。これは、顧客に表示される前に新しい言語とその翻訳の品質チェックを実行できるようにするためです。

言語を有効化する手順:

  1. サービス プロジェクトで、[プロジェクト設定] > [言語サポート] の順に移動します

  2. 言語のリストから、選択した言語の [顧客は利用可能] の下のトグルをオンにします。


プロジェクト管理者は、Jira 管理者に対して初期設定の Jira サイト言語を管理するように依頼する必要があります。ヘルプ センターの言語が Jira サイトの言語と異なる場合、プロジェクト管理者はヘルプ センターのお知らせを翻訳できなくなります。

プロジェクト管理者は、リクエスト タイプ、顧客通知、メール テンプレートの設定で、サービス プロジェクトの既定の言語を表示します。

その他のヘルプ