• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Slack のチャット設定を管理する

チャットによってサービス プロジェクトを Slack と連携させて、Slack から離れずにメッセージを課題に変換してその課題に取り組めます。チャットの詳細についてご確認ください

チームが Slack を通じてリクエストや課題にどのように取り組むかに応じて、いくつかの設定をカスタマイズできます。

リクエスト タイプをリクエスト チャネルに関連付ける

特定のリクエスト チャネルに表示するリクエスト タイプをカスタマイズできます。いくつかのリクエスト タイプだけをオプションとして持つべきリクエスト チャネルがある場合は、この設定を使用します。

リクエスト タイプをリクエスト チャネルに関連付ける方法は次のとおりです。

  1. サービス プロジェクトのサイドバーで、[チャネル] > [チャット] > [設定] の順に選択します。

  2. [Slack] タブから、管理するリクエスト チャネルを見つけます。ヘッダーまたは鉛筆アイコンを選択して設定を開きます。

  3. [Associate request types with this channel (リクエスト タイプをこのチャネルに関連付ける)] にチェックを入れます。

  4. リクエスト チャネルに関連付けるリクエスト タイプを選択します。

    1. リクエスト タイプを選択しない場合は、非表示にしたものを除き、すべてチャネルに表示されます。

  5. [変更を保存] を選択します。

課題を自動的に作成する

リクエスト チャネルで課題の自動作成をオンにすると、エージェントとリクエストする人の手順が省かれます。

If any fields are required, the requester receives an automatic prompt to fill them out. If no fields are required, the message turns into an issue automatically.

Assist により、自動チケット作成を示す稲妻の絵文字がメッセージに追加されます。

Jira 管理者として課題の自動作成を有効にするには次の手順を実行します。

  1. サービス プロジェクトのサイドバーで、[チャネル] > [チャット] > [設定] の順に選択します。

  2. [Slack] タブから、管理するリクエスト チャネルを見つけます。ヘッダーまたは鉛筆アイコンを選択して設定を開きます。

  3. [Automatically create issues from messages (メッセージから課題を自動的に作成する)] をオンにします。

  4. [変更を保存] を選択します。

Slack でリクエスト タイプを非表示にする

課題の作成中に表示されるリクエスト タイプを非表示にできます。つまり、誰かが Slack でリクエストを申請しようとしても、そのタイプはオプションとして表示されません。

If someone raises a hidden request type a different way, like by email or the portal, the issue still appears in the linked triage channel. This means agents can still work on these issues in Slack, and requesters can interact with the Assist bot.

Jira 管理者としてリクエスト タイプを非表示にするには次の手順を実行します。

  1. サービス プロジェクトのサイドバーで、[チャネル] > [チャット] > [設定] の順に選択します。

  2. [リクエスト タイプ] タブに移動します。

  3. 非表示にするリクエスト タイプを選択します。

  4. [Hide this request type during issue creation in chat (チャットでの課題作成中にこのリクエスト タイプを非表示にする)] をオンにします。

  5. [変更を保存] を選択します。

リクエストの承認を管理する

既定では、チャットでのリクエストの承認は有効になっています。つまり、承認が必要なリクエストがあった場合、承認者は Assist からメッセージを受け取り、Slack から直接対応することができます

リクエストの承認をオフにする方法。

  1. サービス プロジェクトのサイドバーで、[チャネル] > [チャット] > [設定] の順に選択します。

  2. [設定] タブで、[Approvals in chat (チャットでの承認)] トグルをオフにします。

Jira Service Management での承認の詳細をご確認ください

絵文字ショートカットをセットアップする

絵文字ショートカットは、企業管理対象プロジェクトでのみ機能します

サービス プロジェクト サイドバーの左下に、"チーム管理対象プロジェクトをご利用中です" と表示されている場合は絵文字ショートカットを使用できません。

企業管理対象プロジェクトとチーム管理対象プロジェクトの違いに関する詳細をご確認ください。

絵文字ショートカットを使用すると、エージェントはリアクション機能で絵文字を追加することで、Slack メッセージでのすばやいアクションを実行できます。

初期設定では、チャットには 2 つの絵文字ショートカットがセットアップされています。

  • メッセージにチケットの絵文字をマークすると課題が作成される

  • 課題に変換されたメッセージに目の絵文字をマークすると、その課題がエージェントに割り当てられる

追加の絵文字ショートカットを作成すると、課題をステータス間でトランジションさせたり、フィールド値を設定したりできます。新しいショートカットを作成するには、次の手順に従います。

  1. サービス プロジェクトのサイドバーで、[チャネル] > [チャット] > [設定] の順に選択します。

  2. [絵文字ショートカット] タブに移動します。

  3. [ショートカットを追加] を選択します。絵文字ショートカットを作成できるメニューがポップアップします。

  4. 使用する絵文字を選ぶと、ステータスをトランジションするか、フィールド値を設定するかを選択できます。

  5. 新しいステータスまたはフィールド値を選び、[変更を保存] を選択します。

既存の絵文字ショートカットを編集または削除するには、対象にカーソルを合わせ、鉛筆アイコンを選択して編集するか、ゴミ箱アイコンを選択して削除します。

課題を非公開で更新する

サービス プロジェクトによっては、課題の非公開更新を有効にすることをおすすめします。有効にすると、コメントやステータス変更など、すべての課題の更新が、リクエスト チャネルに公開されるのではなく、リクエストした人との非公開ダイレクト メッセージで送信されます。

ユーザーがリクエスト チャネルのスレッドにコメントを追加すると、Assist はそのメッセージを削除し、ボットでダイレクト メッセージに移動するように指示するウィスパーをユーザーに非公開で送信します。

Jira 管理者として非公開更新を有効にする方法。

  1. サービス プロジェクトのサイドバーで、[チャネル] > [チャット] > [設定] の順に選択します。

  2. [設定] タブに移動します。

  3. [Private updates (非公開更新)] 設定をオンにします。

非公開更新をオンにすると、プロジェクトのすべてのリクエスト チャネルに影響します。

その他のヘルプ