• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Slack のチャット設定を管理する

チャットによってサービス プロジェクトを Slack と連携させて、Slack から離れずにメッセージを課題に変換してその課題に取り組めます。チャットの詳細についてご確認ください

Slack 経由のリクエストや課題に対するチームの対応方法に応じて、複数の設定をカスタマイズできます。

リクエスト タイプをリクエスト チャンネルに関連付ける

特定のリクエスト チャンネルに表示するリクエスト タイプをカスタマイズできます。いくつかのリクエスト タイプだけをオプションとして持つべきリクエスト チャンネルがある場合は、この設定を使用します。

リクエスト タイプをリクエスト チャンネルに関連付ける方法は次のとおりです。

  1. サービス プロジェクトのサイドバーで、[チャンネル] > [チャット] > [設定] の順に選択します。

  2. [Slack] タブから、管理するリクエスト チャンネルを見つけます。カーソルを合わせるかキーボードでフォーカスを合わせ、[Configure options (オプションを設定)] を選択して設定を開きます。

  3. [Associate request types with this channel (リクエスト タイプをこのチャンネルに関連付ける)] を選択します。

  4. リクエスト チャンネルに関連付けるリクエスト タイプを選択します。

    1. リクエスト タイプを選択しない場合は、非表示にしたものを除き、すべてチャンネルに表示されます。

  5. [変更を保存] を選択します。

課題を自動的に作成する

リクエスト チャンネルで課題の自動作成をオンにすると、エージェントとリクエストするユーザーのステップが省かれます。つまり、リクエスト チャンネルに投稿されたメッセージが Assist によって課題に変換されます。Assist によって、課題の自動作成を示すチケットの絵文字(:ticket:)がメッセージに追加されます。

リクエスト タイプでフィールドが必要な場合は、リクエストするユーザーに対して入力を求める自動プロンプトが表示されます。フィールドが不要である場合は、メッセージが投稿されるとすぐに自動で課題になります。リクエスト タイプをカスタマイズすると、必須フィールドを追加または削除できます。

Jira 管理者として課題の自動作成を有効にするには、次の手順に従います。

  1. サービス プロジェクトのサイドバーで、[チャンネル] > [チャット] > [設定] の順に選択します。

  2. [Slack] タブから、管理するリクエスト チャンネルを見つけます。ヘッダーまたは鉛筆アイコンを選択して設定を開きます。

  3. [Automatically create issues from messages (メッセージから課題を自動的に作成する)] を選択します。

  4. [変更を保存] を選択します。

リクエストの承認を管理する

既定では、チャットでのリクエストの承認は有効になっています。つまり、承認が必要なリクエストがあった場合、承認者は Assist からメッセージを受け取り、Slack から直接対応することができます

承認者グループにリクエストが割り当てられた場合、そのグループには Slack で通知が届かないため、メールまたは Jira Service Management からアクションを実行する必要があります。

リクエストの承認をオフにする方法。

  1. サービス プロジェクトのサイドバーで、[チャンネル] > [チャット] > [設定] の順に選択します。

  2. [設定] タブで、[Approvals in chat (チャットでの承認)] をオフにします。

Jira Service Management での承認の詳細をご確認ください

リクエストをリクエスト チャンネルに制限する

そのプロジェクトに設定されたチャンネルでのみリクエストを登録できるようにする場合は、[Hide project during issue creation (課題作成中にプロジェクトを非表示にする)] をオンにします。

リクエスト タイプを発生させる場所を制限するには、次の手順を実行します。

  1. サービス プロジェクトのサイドバーで、[チャンネル] > [チャット] > [設定] の順に選択します。

  2. [設定] タブに移動します。

  3. [Hide project during issue creation (課題作成中にプロジェクトを非表示にする)] をオンにします。

絵文字ショートカットをセットアップする

今後は絵文字ショートカットの自動化をご利用になれます

既存の絵文字ショートカットをご利用の場合は、2024 年 6 月 4 日までに Jira 自動化で同様のルールをセットアップする必要があります。既存の絵文字ショートカットをご利用ではない場合は、Jira 自動化でルールをセットアップしてください

この変更に関する詳細

既存の絵文字ショートカットをご利用の場合は、2024 年 6 月 4 日まで、引き続き新しい絵文字ショートカットを作成できます。

  1. サービス プロジェクトのサイドバーで、[チャンネル] > [チャット] > [設定] の順に選択します。

  2. [絵文字ショートカット] を選択します。

  3. [ショートカットを追加] を選択します。これにより、ショートカットを生成するメニューが表示されます。

  4. 使用する絵文字を選ぶと、ステータスをトランジションするか、フィールド値を設定するかを選択できます。

  5. 新しいステータスまたはフィールド値を選び、[変更を保存] を選択します。

既存の絵文字ショートカットを編集または削除するには、その上にカーソルを置いて [編集]または [削除] を選択します。

ボット メッセージをオフにする

チャットで課題が作成されると、Assist は既定により、リクエスト者とエージェントの両方に自動メッセージを送信します。これらのメッセージはプロジェクトごとにオフにできます。

ボット メッセージをオフにするには、以下を実行します。

  1. サービス プロジェクトのサイドバーで、[チャンネル] > [チャット] > [設定] の順に選択します。

  2. [設定] タブで、該当するメッセージを見つけ、切り替えボタンを使ってオフにします。

  3. その他のメッセージにも同じ手順を繰り返します。

リクエストを非公開で更新する

チームがデリケートな質問や極秘の質問を扱っている場合は、非公開チャット リクエストを有効化することをお勧めします。有効化すると、コメントやステータス変更など、すべての課題の更新が、リクエスト チャンネルに公開されるのではなく、リクエストしたユーザーとの非公開ダイレクト メッセージで送信されます。

リクエスト チャンネルのスレッドに投稿されたコメントは、Jira 課題と同期しません。

非公開チャット リクエストを有効にするには、次の手順を実行します。

  1. サービス プロジェクトのサイドバーで、[チャンネル] > [チャット] > [設定] の順に選択します。

  2. [設定] を選択します。

  3. [Private chat request (非公開チャット リクエスト)] をオンにします。

非公開チャット リクエストをオンにすると、プロジェクトのすべてのリクエスト チャンネルに影響します。

 

その他のヘルプ