• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

インポートの実行

Jira Service Management の Insight は、Premium と Enterprise のみの機能です。これは、企業管理対象プロジェクトとのみ互換性があります。Insight の詳細についてご確認ください

Insight でインポートを実行すると、データが取り込まれてオブジェクト タイプ、オブジェクト、属性、参照に自動で変換されます。

インポートを実行するには、次の手順に従います。

  1. 関連するオブジェクト スキーマ を選択します。

  2. [Configure (設定)]、[インポート] タブの順に選択します。

  3. インポート」タブで、実行するインポート構造の [データをインポート] を選択します。

  4. 進捗バーがインポート構造に表示されます。インポートが完了すると、インポート構造に「Import succeeded (インポートに成功しました)」または「Import succeeded (インポートに失敗しました)」と表示されます。

  5. 必要に応じて、インポート構造自体の [詳細を表示] を選択してインポート結果の詳細を確認できます。または、[履歴を表示] を選択して完了したすべてのインポートの履歴を表示できます。

 

How to import data into Insight

  1. Insight にデータをインポートする際は、4 つのステップがあります。

    1. データを準備します

    2. インポート構造を作成します

    3. データをマッピングします。次の 2 つのオプションがあります。

      1. オブジェクト タイプと属性を自動で作成することで、データを自動でマッピングするか、

      2. 次の方法でデータを手動でマッピングします。

        1. オブジェクト タイプ マッピングによって Insight オブジェクト タイプを作成する

        2. オブジェクト タイプ属性マッピングによって Insight 属性と参照を作成する

        3. 子オブジェクト タイプ マッピングによって階層的な親と子の構造を作成する。

    4. オブジェクト タイプ マッピングを作成したら、それらを有効にする必要があります。すべてのオブジェクト タイプ マッピングが [有効化] に設定されるまで、インポート構造は実行されません。オブジェクト タイプ マッピングが有効にされていない場合は、オブジェクト タイプ マッピングを右クリックして [有効化] をクリックして有効にします。

    5. インポートを実行します

 

その他のヘルプ