• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

チーム管理対象カスタマー通知を編集する

通知は、リクエストでエージェントやカスタマーに迅速に最新情報を伝えるために使用できる、素早く簡単な方法です。状況に合わせて通知する情報を調整したり、変数を使用して他の領域から情報を取り込んだりすることができます。

カスタマー通知を編集するには管理者である必要があります。

Jira Service Management の Free プランをご利用の場合、通知テンプレートは編集できません。

この機能にアクセスするには、プランをアップグレードして評価期間を終了してください。評価期間中に機能を有効にする必要がある場合は、アトラシアン サポートにお問い合わせください

カスタマー通知を編集するには、次の手順を実行します。

  1. サービス プロジェクトで、[サービス プロジェクトの設定 ()] > [通知] > [カスタマー通知] の順に移動します。

  2. 編集する通知を見つけてから、[編集] を選択します。

  3. [宛先] を選択して編集することで受信者を選択します。受信者の名前の横にある [x] を選択すると、受信者を削除できます。

  4. [コンテンツ] の下で、メッセージを編集します。[変数を挿入する] ドロップダウンを使用して変数を追加し、課題からさまざまな情報を取り込むことができます。

  5. 通知を無効にするには、[有効化] チェックボックスを選択解除します。

  6. [保存] を選択して変更を確定します。


選択可能な受信者や課題の変数は以下のとおりです。

受信者の選択

受信者を選ぶ際は、次のうち 1 つ以上を [宛先] フィールドに追加します。

報告者 (カスタマー)

これは、リクエストを報告したユーザーです。

この通知は、報告者がポータルで通知の受信をオプトアウトしている場合でも送信されます。

参加しているカスタマー

報告者やリクエスト参加者など、リクエストに関与しているすべてのカスタマー。

この通知は、カスタマーがポータルまたはリクエストのメール スレッドで個々のリクエストに関する通知を無効化している場合、そのカスタマーには送信されません。

追加された参加者

リクエスト参加者として追加されたユーザー。

追加された組織

リクエストが共有されている組織内のユーザー。

承認者

リクエストを承認または拒否する必要があるエージェント。

アクションの原因となったユーザーを除外

ルールをトリガーしたユーザーを通知の受信者から除外します。たとえば、カスタマーがリクエストにコメントを追加した場合、そのカスタマーが本人のコメントについて通知を受け取らないように除外することができます。

課題変数を含める

サイト管理者がコンプライアンス設定を有効にすると、次の変数に格納されているデータは通知メールに表示されません。通知メールのすべてのコンテンツを表示するには、顧客がポータルにログインする必要があります。

プロジェクト管理者は、次の変数を含む通知テンプレートを確認して編集することをお勧めします。

  • 課題の概要

  • 課題の説明

  • コメント

  • 添付ファイル (通知メールに添付ファイルは表示されません)

コンプライアンス設定における安全な顧客通知の詳細についてご確認ください。

変数を使用して、課題からさまざまな情報を取り込んでメッセージに挿入することができます。[挿入を変数する] ドロップダウン メニューを選択し、カスタマイズしている通知に有効な変数を追加します。

受信者名

メールを受け取る人のフルネーム。 ${recipient.name}

アクションの原因となったユーザーの名前

コメントの追加などにより、通知をトリガーした人のフルネーム。 ${event.user.name}

課題の概要

課題の要約。存在しない場合は空白。 ${issue.summary}

この変数を とともに挿入すると、関連する通知メールでデータが [非表示] として表示されます。

課題の説明

課題の説明。存在しない場合は空白。 ${issue.description}

この変数を とともに挿入すると、関連する通知メールでデータが [非表示] として表示されます。

課題キー

課題キー (例: IT-123)。 ${issue.key}

課題の報告者

課題を報告したユーザーのフルネーム。 ${issue.reporter.name}

リクエスト URL

ポータルにあるリクエストの URL。${request.url}

コメント

課題に追加されたコメント。 これは、"Comment added" または "Comment edited" WHEN トリガーの使用時にのみ利用可能です。 ${comment}

この変数を とともに挿入すると、関連する通知メールでデータが [非表示] として表示されます。

リクエストステータス

ポータルに表示される、顧客が表示可能なリクエストのステータス。${request.status}

ポータル名

ポータル名。これはポータル設定ページで編集できます。 ${portal.name}

承認通知テンプレートにリクエスト詳細承認ボタンを挿入すると、承認者は保留中のリクエストに素早く対応できます。


このページはチーム管理対象プロジェクト向けです。

サービス プロジェクト サイドバーの左下に、[チーム管理対象プロジェクトを利用中です] が表示されていない場合は、チーム管理対象プロジェクトの記事をご確認ください。

企業管理対象プロジェクトとチーム管理対象プロジェクトの違いに関する詳細。

 

 

その他のヘルプ