• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

サービス プロジェクトの変更管理ワークフローとは

IT サービス管理 (ITSM) サービス プロジェクト テンプレートは、特定のリクエストを変更管理ワークフローに接続します。このワークフローは、以降の変更管理プロセスを補完するためにセットアップされています。ワークフローを使用して変更リクエスト レコードを次の ITIL 推奨アクティビティに沿ってトランジションします。

  • レビュー

  • 計画

  • approvals

  • 実装

リクエスト タイプを使用して、変更 と呼ばれる課題タイプに変更リクエストを関連付けることができます。これによって、課題が推奨される変更リクエスト ワークフローに位置付けられます。この変更管理ワークフローから開始して、使用していくなかでビジネスのニーズに合わせて適宜変更を加えることをおすすめします。

ITIL 変更管理プロセスは、次の大まかなプロセスに従います。

  1. 内部 IT メンバーが変更をリクエストします。影響を受けるシステム、可能性があるリスク、および想定される実装などの詳細に注意します。

  2. 変更マネージャーまたはピアは、変更が成功するかどうかを判断します。彼らはこのステップで詳細情報の提供を依頼する場合があります。

  3. レビュー後、チームは変更を適切に実施する方法を計画します。以下の詳細を記録します。

    • 期待される成果

    • resources

    • タイムライン

    • テスト

    • 変更をロールバックする方法

  4. 変更とリスクのタイプに応じて、変更承認委員会(CAB)はプランをレビューする必要がある場合があります。

  5. チームは変更の実装に取り組み、手順と結果を文書化します。

  6. 変更マネージャーは実装された変更をレビューしてクローズします。変更が成功したかどうか、タイムリーかどうか、正確に見積もられているかどうか、予算内かどうか、および他の詳細を記録します。

最終更新日 2021年06月 4日)
次でキャッシュ 9:16 PM on Oct 28, 2021 |

その他のヘルプ