• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

問題リクエストの既定のフィールド

Jira Service Management では、課題タイプ フィールドと画面を使用して、顧客から収集されてエージェントが使用する情報をカスタマイズできます。エージェントはフィールドを使用して、レポートの作成または照会のために課題を調査、評価、分類できます。

既定では、エージェントの課題ビューには次のフィールドが含まれます。必要に応じてカスタム フィールドを追加できます。

要約

リクエストの短い説明。

報告者

リクエストの送信者。

コンポーネント

リクエストに関連する IT インフラストラクチャのセグメント。たとえば、請求サービスVPN サーバーなどです。これらはラベル付け、分類、およびレポートに使用されます。

添付ファイル

リクエストに追加されるファイルまたは画像。

説明

リクエストの長く詳細な説明。

紐づく課題

リクエストに影響を与える、またはリクエストの影響を受けるその他のリクエストのリスト。ビジネスでその他のアトラシアン製品を使用している場合は、このリストにリンクされている開発課題が含まれる場合があります。

担当者

リクエストの作業に割り当てられているチーム メンバー。

優先度

リクエストの解決状況の重要性は、通常、ビジネスのニーズと目標に関連します。優先度が影響力と緊急性によって計算されることもあります。

ラベル

レコードの分類またはクエリに使用される追加カスタム ラベルのリスト。

リクエスト参加者

リクエストに参加している追加のカスタマー (他のチームやベンダーのユーザーなど) の一覧。詳細については、「リクエスト参加者の追加」を参照してください。

承認者

リクエストを承認する責任を負うユーザーの一覧。通常は、ビジネス、財務、または技術担当者。

組織

リクエストの解決状況に関心を持っているカスタマーの一覧。Jira Service Management の組織の詳細をご確認ください。

影響

問題の影響。通常は、サービスレベルアグリーメントに関連。

緊急度

ビジネスに問題の影響が感じられる前に利用可能な時間。

ソース

問題が発生した資産またはシステム。

調査理由

調査を要求するためのトリガー。たとえば、インシデントの再発、非ルーチンインシデントなど。

保留中の理由

問題が進行していない理由を示す短い説明またはコード。

製品分類

リクエストが影響する IT 資産またはシステムのカテゴリ。

操作分類

リクエストを遂行するために必要なアクションまたは機能の分類。

根本原因

問題に関連するインシデントの元の原因。

回避策

サービスを回復するための一時的な、既知の解決策の詳細な説明。Confluence を所有している場合、ご使用のナレッジベースに回避方法をドキュメント化することをお勧めします。

最終更新日 2021年06月 8日)
次でキャッシュ 6:42 PM on Oct 28, 2021 |

その他のヘルプ