• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

クイックオブジェクト作成でオブジェクトの属性を検証します

Jira Service Management の Insight は、Premium と Enterprise のみの機能です。これは、企業管理対象プロジェクトとのみ互換性があります。Insight の詳細についてご確認ください

新しいオブジェクトを作成する場合は、[オブジェクトの作成] ダイアログ ボックスにそのオブジェクトの詳細を入力できます。これらの詳細には、テキストや数値情報、または他のオブジェクトへの参照までも含まれます。[Enable quick creation of referenced objects (参照オブジェクトのクイック作成を有効にする)] を選択すると、[オブジェクトの作成 (Create Object)] ダイアログ ボックスの任意のオブジェクト参照フィールドに新しいラベルを入力するだけで、1 回のアクションでオブジェクトを作成して参照できます。

これらの新しく作成されたオブジェクトには必須フィールドまたは検証が設定されている場合があるため、[Validate object attributes in quick object creation (クイック オブジェクト作成でオブジェクト属性を検証する)] を選択すると、要件を適用して新しいオブジェクトの作成をブロックできます。

クイック オブジェクト作成でオブジェクト属性を有効にするには、Jira 管理者としてログインするかオブジェクト スキーマ マネージャー権限を持っている必要があります。

この機能を有効にする方法は次の 2 つです。

[Insight] > [オブジェクト スキーマ] リスト ビューの順に移動して、次の手順に従います。

  1. 関連するスキーマの横にある [設定] をクリックします。

  2. [一般設定] タブで、[Validate object attributes in quick object creation (クイック オブジェクト作成でオブジェクト属性を検証する)] を選択します。

オブジェクトスキーマ内から、次を実行できます。

  1. 右上の [オブジェクト スキーマ]、ドロップダウンの [設定] の順に選択します。

  2. [一般設定] タブで、[Validate object attributes in quick object creation (クイック オブジェクト作成でオブジェクト属性を検証する)] を選択します。

その他のヘルプ