• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

カスタム自動化ルールの作成

Automation をお探しですか?

この記事は、2021 年 8 月 30 日より前に作成されたサービス プロジェクトにおけるレガシーの自動化に関連するものです。サービス プロジェクトにレガシーの自動化が表示されない場合は、自動化の記事をご確認ください。

カスタム自動化ルールを作成するには、次の手順を実行します。

  1. サービス プロジェクトのサイドバーで [プロジェクト設定] > [レガシーの自動化] の順に選択します。チーム管理対象サービス プロジェクトで [サービス プロジェクト設定] を選択します。

  2. [ルールの追加] を選択します。

  3. 一覧から [カスタム ルール] を選択し、[続行] を選択します。ルールの設定画面が表示されます。

  4. [このような事態になった場合]、[以下に一致する場合]、[次を実行] セクションでフィールドを選択および定義して、ルールを設定します。

  5. [分岐の追加] を選択すると、オプションである [または、以下に一致する場合] 条件、および関連アクション ([次を実行]) を追加できます。使用可能なオプションについては、以下の表を参照してください。

  6. [保存] を選択すれば、設定は完了です。

最大 30 個の自動化ルールを設定できます。各ルールには最大 30 の分岐を含めることができます。

Jira クエリ言語 (JQL) での高度な検索の使用方法をご確認ください。

トリガー、条件、およびアクションのステートメントの使用方法をご確認ください。


このページは 企業管理対象 プロジェクト

サービス プロジェクト サイドバーの左下に [チーム管理対象プロジェクトを利用中です] が表示されている場合は、次のチーム管理対象プロジェクトの記事をご確認ください。

企業管理対象プロジェクトとチーム管理対象プロジェクトの違いに関する詳細。

 

その他のヘルプ