• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

既知のエラーを Confluence ナレッジ ベースでドキュメント化する方法

既知のエラーのレコードを含む制限付きセクションを Confluence ナレッジ ベースに作成することをおすすめします。これにより、エージェントは以降のインシデントで回避策を素早く見つけて実行できます。これには、次のようなメリットがあります。

  • サービスを迅速に回復

  • 取り組みの重複を削減

  • 未承認または危険な回避策の回避

既知のエラーのレコードで問題とその根本原因を定義します。これらのレコードは関連するインシデントの既知の症状を収集します。レコードには回避策とそのステータス (一時的または恒久的) が記録されます。

最終更新日 2020 年 10 月 1 日
次でキャッシュ 6:42 PM on Oct 28, 2021 |

その他のヘルプ