• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

リクエスト タイプでの非表示のフィールドとサポート対象外のフィールド

すべてのリクエスト タイプは課題タイプに基づいており、1 つの課題タイプに基づいて複数の異なるリクエスト タイプを設定できます。課題タイプはワークフローやフィールドなどの基本設定を管理する一方、リクエスト タイプは命名やポータルのカスタマイズなど特定の設定を管理します。

すべての課題タイプには、一連の許可されたフィールドと必須のフィールドが割り当てられます。リクエスト タイプを設定する際に、顧客から非表示になっているフィールドをポータルに含めるように選択できますが、チームがリクエストを解決できるようにチームに対して利用できるように設定できます。

一部のフィールドは課題タイプで使用できますが、ポータルでの使用はサポートされていません。リクエスト タイプにこれらのフィールドを含める場合は、それらにプリセット値を設定する必要があります。

リクエスト フォーム ページで、表示されているフィールドの [アクション] 列で [非表示] を選択すると、プリセット値を追加するように求められます。[フィールドの追加] > サポートされていないフィールドの順に選択した場合も、プリセット値を追加するように求められます。

すべての Jira Service Management リクエストでは、一部のフィールドの使用がサポートされていません。

以下のフィールドには、リクエストタイプと指定の事前設定値を追加することができますが、カスタマーポータルで表示させることはできません。

  • 担当者

  • 紐づく課題

  • 他の Jira 製品が定義した任意のフィールド

  • グループ、プロジェクト、およびバージョンピッカーのフィールド

次のタイプのフィールドをリクエスト タイプに追加することはできません。

  • 課題タイプ

  • ログ

  • 報告者

  • セキュリティレベル

  • タイム トラッキング

 

最終更新日 2021年06月 2日)
次でキャッシュ 6:41 PM on Oct 28, 2021 |

その他のヘルプ