• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Jenkins によって変更管理を自動化する

この記事で説明される機能は、IT サービス管理テンプレートを使用する、サービス プロジェクトで利用できます。IT サービス管理テンプレートの詳細について説明します。

Jenkins から送信されるデプロイ イベントは、Jira Automation ルールを起動できます。これにより、一般的に使用されるさまざまな手動変更管理手順を自動化できます。

たとえば、自動的に次のことを実行できます。

  • 変更リクエストの作成、更新、またはトランジション

  • リスクおよび影響評価の実施

  • リスク、影響、または影響を受けるサービスに基づく承認のトリガーと承認者の動的な設定

  • メール、Slack、または Webhook による、リアルタイムでの関係者またはエンド ユーザーへの変更の通知

  • 成功したかどうかを含む、実装完了時の変更リクエストの更新

Jira Automation のデプロイ トリガーについて詳細を読む。

Jenkins 用 Jira Cloud プラグインは、デプロイの追跡デプロイのゲーティングを使用して、変更管理プロセスを自動化するのにも役立ちます。これらは、単一の Jenkins パイプライン内で個別に、または組み合わせて使用できます。

Jenkins による変更管理プロセスの自動化を開始するには、Jira Service Management と Jenkins をリンクします

最終更新日 2020 年 11 月 9 日
次でキャッシュ 7:01 PM on Oct 25, 2021 |

その他のヘルプ