• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

課題タイプを ITSM 作業カテゴリと互換性を持たせる

互換性のない課題タイプに必須フィールドを手動で追加することで、既存の課題タイプと IT サービス管理 (ITSM) 作業カテゴリに互換性を持たせられます。互換性のある課題タイプとない課題タイプの詳細についてご確認ください

初期設定でサービス リクエストと問題のカテゴリには互換性がありますが、ITSM のベスト プラクティスのために完全なフィールド セットを追加することをお勧めします。

課題タイプにインシデントまたは変更と互換性を持たせる

課題タイプと作業カテゴリに互換性を持たせるには、次の手順に従います。

  1. サービス プロジェクトで、[プロジェクト設定] > [課題タイプ] に移動します

  2. 互換性を持たせる課題タイプを選択します。これによって、選択した課題タイプの設定ページが表示されます。

  3. このページの右上隅にある [フィールド] ボタンを選択します。

  4. 現在のフィールド リストの下にある [フィールドの選択] ドロップダウンを見つけます。

  5. 入力を開始するかドロップダウン リストを使用して、課題タイプに次のフィールドを追加します。

  6. 課題タイプと互換性を持たせるには、次の手順に従います。

  • [インシデント管理]: 影響を受けるサービスを追加。

  • [変更管理]: 影響を受けるサービス、変更タイプ、開始予定日、終了予定日を追加。


ITSM のベスト プラクティスのための完全なフィールド セット

作業カテゴリが ITSM のベスト プラクティスに沿うように、次のフィールドを課題タイプに追加することをお勧めします。これらのフィールドは、課題タイプに互換性を持たせるうえで必須ではありません。

  • [サービス リクエスト管理] フィールド: 緊急性、影響、保留理由、製品分類、操作分類。

  • [インシデント管理] フィールド: 影響を受けるサービスとハードウェア、緊急性、影響、重大度、保留理由、ソース、製品分類、対応者、操作分類。

  • [問題管理] フィールド: 影響を受けるサービスとハードウェア、調査理由、緊急性、影響、根本原因、回避策、保留理由、ソース、製品分類、操作分類。

  • [変更管理] フィールド: 影響を受けるサービス、変更タイプ、影響、緊急性、変更リスク、変更理由、導入計画、バックアウト計画、テスト計画、開始予定日、終了予定日、変更開始日、変更完了日、承認者グループ。

変更管理のベスト プラクティスとして、課題タイプのワークフローに承認ステータスを追加することもお勧めします。新しい承認ステータスを追加することも、既存のステータスの 1 つに承認を追加することもできます。

ワークフローに承認ステップを追加するには:

  1. サービス プロジェクトで、[プロジェクト設定] > [課題タイプ] に移動します

  2. 変更管理と互換性を持たせる課題タイプを選択します。これによって、選択した課題タイプの設定ページが表示されます。

  3. このページの右上隅にある [ワークフロー] ボタンを選択します。

  4. [ワークフローを編集] を選択します。

  5. 承認ステップを追加するステータスを選択します。

  6. [承認を追加] の横にあるボックスをチェックすると、[承認の設定] メニューが開きます。

  7. [承認者をフィールドから取得] の横で、承認者を得るフィールドを選択します。

  8. また、影響を受けるサービスの承認者に承認をリクエストする場合は、[サービスからの承認者を含める] の横にある [影響を受けるサービス] を選択します。

  9. [承認が必要] の横に、リクエストを実行するために必要な承認の数を入力するか、[全ての承認] を選択します。

  10. リクエストが承認または拒否された場合は、トランジションのステータスを選択します。

  11. [作成] を選択します。

  12. この画面の上部で [公開] を選択します。

また、[プロジェクト設定] > [ワークフロー] の順に移動した先で、ワークフローを編集できます。ワークフローに新しい承認ステップを追加するには、ワークフローに承認を追加する方法をご確認ください。

その他のヘルプ