• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

変更リクエストの既定のフォーム フィールド

Jira Service Management では、カスタマーとエージェントからの情報の収集に使用するフィールドをカスタマイズできます。フィールドは、エージェントがリクエストを評価、承認、分類、解決するのに役立ちます。リクエストのフィールドは、課題のタイプに基づいています。課題タイプの詳細はこちら

変更管理のデプロイ パイプラインを機能させるには、[概要] と [説明] の各フィールドを変更課題タイプに対して [必須] に設定するだけです。フィールドの動作を変更する方法について説明します

デフォルトでは、変更リクエストの課題ビューには次のフィールドが含まれます。課題ビューの詳細をご確認ください

以下のフィールドは、変更課題タイプを基にして作成されます。

  • 概要 – リクエストの短い説明。

  • 報告者 – リクエストの送信者。

  • コンポーネント – リクエストに関連する IT インフラストラクチャのセグメント。たとえば、請求サービスVPN サーバーなどです。ラベル付け、分類、レポートに使用されます。

  • 添付ファイル – リクエストに追加されるファイルまたは画像。

  • 説明 – リクエストの長くて詳細な説明。

  • リンクされた課題 – リクエストに影響を受けたり与えたりする他のリクエストの一覧。ビジネスで他の Atlassian 製品を使用している場合は、この一覧にリンクされている開発課題が含まれる場合があります。

  • 担当者 – リクエストの作業に割り当てられているチーム メンバー。

  • 優先度 – リクエストの解決状況に関する重要性は、通常はビジネスのニーズと目標に関連します。優先度が影響力と緊急性によって割り出されることもあります。

  • ラベル – レコードの分類またはクエリに使用される追加のカスタム ラベルの一覧。

  • リクエスト参加者 – リクエストに参加している追加のカスタマー (他のチームやベンダーのユーザーなど) の一覧。参加者の詳細を確認してください。

  • 承認者 – リクエストを承認する責任を持つユーザーの一覧。通常はビジネス、財務、または技術の各担当者です。

  • 組織 – リクエストの解決状況に関心を持っているカスタマーの一覧。Jira Service Management の組織に関する詳細を確認してください。

  • 影響 – 変更の影響。通常はサービス レベル アグリーメントに関連します。

  • 緊急性 – ビジネスがリクエストの影響を受けるまでの時間。

  • 変更タイプ – 変更のカテゴリ (通常は標準、通常、または緊急)。たとえば、標準の変更では変更マネージャーによるアクションは不要です。通常の変更の場合は必要です。

  • 変更理由 – 報告者が変更を必要とする理由を示す短い説明またはコード。

  • 変更リスク – 変更諮問委員会で判断された変更の実装のリスク。通常は、複雑性、スコープ、テスト、リカバリ、タイミングなどに基づきます。

  • 開始予定または予定された開始日 – 変更リクエストの開始予定日です。このフィールドは、変更カレンダーに変更リクエストを表示するために必要です。日付フィールドと変更カレンダーの詳細

  • 終了予定または予定された終了日 – 変更リクエストの終了予定日です。このフィールドは、変更カレンダーに変更リクエストを表示するために必要です。

  • [実際の開始日] または [開始日を変更] – 変更が開始された実際の日時です。このフィールドは、変更カレンダーに変更リクエストを表示するために必要です。自動で入力されます

  • [実際の終了日] または [変更完了日] – 変更が終了した実際の日付と時刻です。このフィールドは、変更カレンダーに変更リクエストを表示するために必要です。自動で入力されます

  • 変更諮問委員会 (CAB) – 変更の評価、承認、スケジュールを設定する担当者の一覧。

  • 保留理由 – 変更が進行していない理由を示す短い説明またはコード。

 

最終更新日 2021年10月13日)
次でキャッシュ 6:57 PM on Oct 25, 2021 |

その他のヘルプ