• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Halp チケットを Jira Service Management に移行する

2024 年 6 月 4 日以降、Halp の機能は Jira Service Management 内でのみ利用可能になります。Jira Service Management に移行することで、引き続き現在と同様に、Slack または Microsoft Teams からのリクエストに対応できます。

Halp のチケット データを Jira Service Management の課題に移行する必要がある場合は、Halp から直接移行できます。このステップは移行のオプションですが、製品間の切り替えをスムーズにして、サポートを求めるユーザーやエージェントが過去のチケット データにアクセスできるようにするためにも、ステップを実行することをお勧めします。

チームがリクエストを見逃さないように、オープンのチケットと進行中のチケットをすべて移行することを選択できます。エージェントによって過去のチケット データが役立つと判断された場合は、クローズしたチケットも移行できます。

対応するリクエスト タイプがないチケット、つまり Halp フォームで作成されていないチケットを移行すると、リクエスト タイプに「Halp から移行」と表示されます。また、Jira Service Management に移行されたチケットの添付ファイルにも同様のプレフィックスが表示されます。

Halp チケットを Jira Service Management に移行する

エージェントが モバイル版 Jira Service Management を使用している場合は、チケットを移行する前に通知を一時的にオフにするように伝えましょう。

Halp チケットを移行するには、次の手順に従います。

  1. キューから [Jira Service Management に移行する] に移動します。

  2. [チケットを移行] を選択します。

  3. 表示される [チケットを移行] ダイアログから、サービス プロジェクトに移行するチケット ステータスを選択します。

    1. 現在オープンまたは進行中のステータスのチケットをすべて移行するには、[All open and in progress tickets (すべてのオープン チケットと進行中のチケット)] を選択します。

    2. クローズしたチケットを選択する場合は、移行の対象となる期間も決める必要があります。30 日間から全期間まで選択可能です。

      1. 初期設定では、コメント履歴も移行されます。チケットに複数のコメントがある場合は移行に時間がかかります。コメントを移行する必要がない場合は、[Include comment history (コメント履歴を含める)] の選択を解除すると、移行が速くなります。

  4. チケットが正常に移行されると、Assist から Slack または Microsoft Teams にダイレクト メッセージが届き、その旨が伝えられます。

潜在的なチケット移行エラー

Halp と Jira Service Management はチームに合わせてカスタマイズできますが、そのため、チケットの移行中にエラーが発生する可能性があります。

エラーがある場合、Assist は Slack または Microsoft Teams 内でメッセージを送信して、通知します。メッセージには、エラーと解決するための推奨手順を含む CSV をダウンロードするためのリンクが記載されています。リンクにアクセスできるのは 7 日間のみですが、必要な場合はサポート チームに連絡してリンクを再生成することができます

無効化された Slack または Teams ユーザー

Halp チケットの担当者またはリクエスト者が、Slack または Teams のプロファイルに関連付けられたメールを持っていない場合、 Jira Service Management で課題にいくつかの変更が加えられます。

  • 元のリクエスト者に関連付けられたユーザー メールがない場合は、Assist ボットがリクエスト者として設定されます。Assist は、リクエスト者の代わりに、Slack または Teams の表示名を使用してコメントを投稿します。

  • エージェント担当者に関連付けられたユーザー メールがない場合、課題は割り当て解除されます。

これは予想される動作であるため、チケット移行エラー CSV には含まれません。

その他のヘルプ