• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

チャットとは

チャットによってサービス プロジェクトを Slack と連携させて、Slack から離れずに Slack メッセージを課題に変換してその課題に取り組めます。顧客が Slack でリクエストを登録すると、エージェントはそのリクエストに応答したり、課題を作成してサービス プロジェクトのキューに追加したりできます。

サービス プロジェクトは、Atlassian Assist というアプリを介して Slack に接続します。

トリアージ チャネル

サービス プロジェクトを Slack に接続すると、トリアージ チャネルを作成するように求められます。トリアージ チャネルは Slack ワークスペース内のプライベート チャネルで、エージェントはそこでリクエストを割り当てて編集し、リクエストに対応できます。各サービス プロジェクトに 1 つのトリアージ チャネルを作成できます。エージェントは Slack を離れることなく、最初から最後までリクエストに取り組めます。

リクエスト チャネル

リクエスト チャネルは、チームにサポートをリクエストできるチャネルです。リクエスト チャネルに誰かがメッセージを投稿したら、チケットの絵文字でリアクションして課題をすばやく作成できます。課題が作成されると、Slack のトリアージ チャネルとサービス プロジェクトのキューにその課題が表示されます。エージェントが課題に取り組んでいる際は、ヘルプの依頼者が応答できるスレッドにコメントが投稿されます。サービス プロジェクトごとに複数のリクエスト チャネルを設定できます。

リクエストタイプ

Slack で使用するリクエスト タイプは選択できますが、一部のフィールドはサポート対象外でリクエスト フォームに表示されません。Slack でサポートされていないリクエスト タイプに必須フィールドがある場合、そのリクエスト タイプは使用できません。サポートされていないフィールドがないリクエスト タイプを使用する場合は、必須フィールドではないことを確認する必要があります。

同期されたコメントとアクション

サービス プロジェクトが Slack に接続されると、Slack のコメントやアクションが課題と即座に同期されます。その逆も同様です。

Jira サイトは 1 つの Slack ワークスペースにのみ接続できます。

その他のヘルプ