• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

チーム管理対象プロジェクトでリクエスト タイプに承認を追加する

ワークフローに沿ってリクエストを進める前に別のユーザーによるリクエストの承認が必要な場合があります。リクエスト タイプのワークフローに承認を追加すると、承認者と、それが承認または却下されたときの挙動を選択できます。

リクエスト タイプに承認ステップを追加するには、管理者である必要があります。

リクエスト タイプに承認ステップを追加するには、次の手順を実行します。

  1. サービス プロジェクトで、[プロジェクト設定] () > [リクエスト タイプ] に移動します。

  2. 承認を追加するリクエスト タイプを選択します。

    1. ページ上部の [ワークフローを編集] ボタンをクリックします。

  3. 承認ステップを追加したいステータスを選択します。

  4. 右側のパネルの [承認] の横にある + ボタンをクリックして、承認セットアップを開きます。

  5. 詳細を入力します。次の設定を行うようにします。

    1. 承認または拒否された場合のリクエストのトランジション先を入力します。

    2. 各リクエストの承認者として割り当てるユーザーを選択します。

      1. 顧客が承認者を選定: カスタマーがリクエストを起票する際に承認者を割り当てます。リクエスト タイプ構成の [カスタマー ポータル フィールド] カテゴリに、カスタマーが指定する承認者を登録するためのフィールドが追加されます。

      2. エージェントが承認者を選定: チケットに取り組むエージェントによって承認者が割り当てられます。

      3. 管理者が承認者を選定: 常に承認者として追加される必要がある特定のユーザーを指定します (財務チームのメンバーなど)。承認ステップに到達すると、これらの "プリセットの" 承認者が、リンクされた承認者フィールドに入力されます。

    3. 使用する "承認者フィールド" を選択します。承認者フィールドは、一意のユーザー フィールドです。これは、ワークフローで固有の承認ステップを承認できるユーザーの一覧を保管するために使用されます。

    4. 必要な承認の数を選択します。

      1. すべての承認者の承認が必要: 割り当てられたすべての承認者がリクエストを承認する必要があります。

      2. 最低限の承認数を設定する: リクエストを承認するために必要な承認の数を定義できます。

      3. 重要

        • 上記のいずれかのケースで 1 人の承認者がリクエストを却下した場合、承認は [却下済み] としてマークされます。

  6. [保存] をクリックします。これによって、ワークフローに承認が追加されます。トランジションは および と表示されるようになり、これらが "承認済み" または "却下済み" のパスを示します。これらのトランジションは、承認が保留中の間は利用できなくなります。承認が承認または却下されると、リクエストは自動的にトランジションします。

  7. ワークフローを保存するには、右上の [保存して閉じる] ボタンをクリックします。

[顧客が承認者を選定] を選択すると、カスタマー ポータル フィールドに [承認者] フィールドが追加されます。リクエスト タイプの設定ページで、表示名と説明を並べ替えたり追加したりすることができます。ただし、このフィールドを削除したり、コンテキスト フィールドに移動させたりするには、ワークフローに移動してそこで承認を編集する必要があります。

リクエスト タイプで承認をセットアップすると、コンテキスト フィールド カテゴリの上部に [承認] が表示されるようになります。ここには、リクエスト タイプで現在セットアップされているすべての承認の情報が含まれます。これらを編集するには、ワークフローに移動します。

最終更新日 2021年04月 6日)
次でキャッシュ 9:02 PM on Oct 23, 2021 |

その他のヘルプ