• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

チーム管理対象プロジェクトと企業管理対象プロジェクト間で移行する

チーム管理対象プロジェクトと企業管理対象プロジェクト間の移行は複雑ですが、可能です。チームが現在作業している企業管理対象プロジェクトをチーム管理対象プロジェクトに移行する、またはチーム管理対象プロジェクトを試して、それが作業に適していないことが判明したためリクエストを企業管理対象プロジェクトに移行するとします。

現在のプロジェクトのリクエストを移行する、新しい Jira Service Management プロジェクトが必要です。

新しいチーム管理対象プロジェクトを作成して、既存の企業管理対象プロジェクトのリクエストを受信する

新しいチーム管理対象プロジェクトを作成するには、次の手順に従います。

  1. Jira をクリックします。 .

  2. [プロジェクト] を選択します。

  3. [プロジェクトを作成] > [チーム管理プロジェクトをお試しください] の順に選択します。

  4. サービス プロジェクトを選択していることを確認します。[テンプレートの変更] を選択すると、利用可能なすべてのチーム管理対象テンプレートを表示できます。

  5. 新しいプロジェクトの名前を入力し、[作成] をクリックします。

新しい企業管理対象プロジェクトを作成して、既存のチーム管理対象プロジェクトのリクエストを受信する

Jira 管理者は、新しい企業管理対象プロジェクトを作成する必要があります。Jira 管理者までお問い合わせください。企業管理対象プロジェクトの作成に関する詳細

新しい企業管理対象プロジェクトを作成するには、次の手順に従います。

  1. Jira をクリックします。 .

  2. [プロジェクト] を選択します。

  3. [プロジェクトの作成] > [企業管理対象プロジェクト] の順に選択します。

  4. サービス プロジェクトを選択していることを確認します。[テンプレートの変更] を選択すると、利用可能なすべての企業管理対象テンプレートを表示できます。

  5. 新しいプロジェクトの名前を入力し、[作成] をクリックします。

既存のリクエストを見つけて新しいプロジェクトに移動する

古いプロジェクトのリクエストの移動先となる空のプロジェクトが用意できたため、既存のリクエストを新しいプロジェクトに移動できます。

この手順を完了するには、管理者に一括変更グローバル権限を付与するよう尋ねます。グローバル権限の詳細をご覧ください

既存のリクエストを検索する

まず、移動するリクエストを検索する必要があります。

  1. Jira をクリックします。 Jira ホームページに移動します。

  2. [フィルター] を選択します。

  3. [すべての課題] を選択します。

  4. [プロジェクト] フィルターをクリックして、リクエストがあるプロジェクトを選択します
    (詳細検索モードの場合、[基本] を選択する必要があります)。

  5. 右上の [その他 (•••)] > [すべてを一括変更] を選択します。一括操作ウィザードが表示されます。

プロジェクト フィルターの一覧が利用可能なプロジェクト
一括変更メニュー

 

既存のリクエストを新しいプロジェクトに移動する

一括操作ウィザードに従って、リクエストを新しいプロジェクトに移動します。

  1. 移行するリクエストを選択して [次へ] をクリックします。

  2. [課題の移動] を選択して、[次へ] をクリックします。

  3. [プロジェクトおよび課題タイプを選択する] 画面で、移動先を選択します。

  4. [ターゲット プロジェクトのステータスをマッピング] 画面で、元のプロジェクトの各リクエストについて宛先のステータスを選択します。ここで指定したステータスが、新しいプロジェクトでチーム管理対象プロジェクトの各リクエストが持つステータスになります。

  5. 最後の画面で、[確認] をクリックします。


企業管理対象プロジェクトからチーム管理対象プロジェクトへ移行する際の考慮事項

チーム管理対象プロジェクトと企業管理対象プロジェクトは大きく異なります。企業管理対象プロジェクトとチーム管理対象プロジェクトの違いについて、ご確認ください。このドキュメントは、チーム管理対象プロジェクトから企業管理対象プロジェクトに移行する際の考慮事項を含みます。

チーム管理対象プロジェクトの要素

企業管理対象プロジェクトの要素を移行できるようにするには、新しいプロジェクトに既存のプロジェクトの設定を再度行う必要があります。これには、キュー、レポート、顧客、リクエスト タイプ、ポータルの設定、カスタム通知、言語サポート、自動化ルール、SLA、承認、ワークフロー、フィールドが含まれます。

コンポーネント

[コンポーネント] フィールドは Jira の各プロジェクトに固有のフィールドです。完了済みの [コンポーネント] フィールド情報の課題を移行すると、この入力データは失われます。このデータは復元不能であり、移行前の企業管理対象プロジェクトに課題を一括移動した場合でも復元できません。

カスタム フィールド

移行するには、新しいチーム管理対象プロジェクトでカスタム フィールドを再び作成する必要があります。チーム管理対象プロジェクトのフィールドはグローバル カスタム フィールドから独立しています。リクエストをチーム管理対象プロジェクトに移動すると、リクエストのグローバル カスタム フィールドの大半の値は Jira に保持されます (コンポーネント フィールドとバージョン フィールドを除きます)ただし、これらの値はチーム管理対象プロジェクトのフィールドにマッピングされません。

グローバル カスタム フィールドのデータは、リクエストに対応する形で保存されます。しかし、企業管理対象プロジェクトのフィールドは移行先であるチーム管理対象プロジェクトのフィールドとは技術的に異なるため、移行されると空白で表示されます。移行前の企業管理対象プロジェクトに課題を移動すると、このデータを復元できます。

プロジェクトおよびリクエスト キー

プロジェクト キーは一意であり、Jira で再利用することはできません。リクエストを別のプロジェクトに移行すると、それらは新しいキーを取得します。新しいプロジェクトには異なるキーが必要です。リクエストを別のサービスに移行すると、Jira では古いリクエスト キーへのすべてのリンクを自動的にリダイレクトします。プロジェクト キーの詳細については、こちらをご覧ください。

解決状況フィールド

チーム管理対象プロジェクトでは、企業管理対象プロジェクトにあるものと同じ解決状況フィールドは使用しません。課題が「完了」と見なされるかどうかは別の方法で判断します。企業管理対象プロジェクトでは、JQL resolution = unresolved を使用して、開いている課題を見つけられますが、Jira Service Managementチーム管理対象プロジェクトでは、これを statusCategory != Done に変更する必要があります。

メール リクエスト タイプ

サービス プロジェクトのメール アドレスに送信されたリクエストはキューに自動で追加されるため、チームは複数の作業場所を管理することなく顧客対応に集中できます。企業管理対象プロジェクトでは、設定したカスタム リクエスト タイプを使用してメール リクエストが作成されるように設定できます。ただし、チーム管理対象プロジェクトでは、すべてのメール リクエスト用に専用のリクエスト タイプが作成されます。これは変更できません。チーム管理対象サービス プロジェクトでリクエスト タイプをセット アップする方法をご確認ください。

リクエスト タイプと課題タイプ

企業管理対象プロジェクトでは、各リクエスト タイプは 1 つの課題タイプに関連付けられています。これらの課題タイプは Jira サイトの全プロジェクトで共有できます。リクエスト タイプ フィールドは関連付けられた課題タイプのフィールドに基づきます。

チーム管理対象プロジェクトでは、各プロジェクトは独自のリクエスト タイプを持ち、これはプロジェクト間で共有されません。つまり、各チーム管理対象プロジェクトには、他のプロジェクトとは独立した独自のリクエスト タイプがあります。チーム管理対象プロジェクトのリクエスト タイプ フィールドは、他のプロジェクトのリクエスト タイプに影響を与えることなく (または Jira 設定に移動することなく) プロジェクト内でドラッグ & ドロップできます。企業管理対象プロジェクトとチーム管理対象プロジェクトの案件と依頼の種類に関する詳細

フィルター

フィルターは自動的に移行されないので、更新する必要があります。フィルターの詳細をご確認ください。


チーム管理対象プロジェクトから企業管理対象プロジェクトへ移行する際の考慮事項

チーム管理対象企業管理対象の各プロジェクトは大きく異なります。企業管理対象とチーム管理対象の各プロジェクトの違いについて、ご確認ください。このドキュメントは、チーム管理対象プロジェクトから企業管理対象プロジェクトに移行する際の考慮事項を含みます。

チーム管理対象プロジェクトの要素

チーム管理対象プロジェクトの要素を移行できるようにするには、新しいプロジェクトに既存のプロジェクトの設定を再度行う必要があります。これには、キュー、レポート、顧客、リクエスト タイプ、ポータルの設定、カスタム通知、言語サポート、自動化ルール、SLA、承認ワークフロー、フィールドが含まれます。企業管理対象プロジェクトとチーム管理対象プロジェクトのワークフローの違いについて、ご確認ください。

リクエストタイプ

課題とリクエストの各タイプは、企業管理対象チーム管理対象の各プロジェクトで異なります。チーム管理対象プロジェクトのリクエスト タイプは、企業管理対象プロジェクトのリクエスト タイプに直接マッピングできます。こうしたリクエスト タイプはコピーできないため、再び作成する必要があります。リクエスト タイプの詳細。

ただし、特定のリクエスト タイプでフィールドやワークフローを変更する必要がある場合は、その基盤となる課題タイプを変更する必要があります。プロジェクトに関連する課題タイプ スキームは、Jira 管理者が変更する必要があります。課題タイプ スキームの詳細についてはこちらを参照してください。

カスタム フィールド

チーム管理対象リクエスト タイプに表示されるフィールドをカスタマイズした場合、新しい企業管理対象プロジェクトの画面スキームとフィールド構成スキームでのフィールドの再作成を Jira 管理者に依頼する必要があります。課題のカスタム フィールドの詳細を参照してください。

カスタム フィールドのデータは、リクエストに対応する形で保存されます。しかし、チーム管理対象プロジェクトのフィールドは移行先である企業管理対象プロジェクトのフィールドとは技術的に異なるため、移行されると空白で表示されます。移行前のチーム管理対象プロジェクトに課題を移動すると、このデータを復元できます。

プロジェクトアクセス

企業管理対象プロジェクトへのアクセスは、権限スキームによって制御されます。Jira 管理者のみが、企業管理対象プロジェクトの権限スキームを更新できます。企業管理対象プロジェクト作成後に、権限の設定を確認することをお勧めします。権限の設定の詳細。

プロジェクトおよび課題キー

プロジェクト キーは一意であり、Jira で再利用することはできません。リクエストを別のプロジェクトに移行すると、それらは新しいキーを取得します。新しいプロジェクトには一意の異なるキーが必要です。リクエスト移行プロセスを使用してリクエストを移行すると、Jira は古いリクエスト キーへのすべてのリンクを自動的にリダイレクトします。プロジェクト キーの詳細については、こちらをご覧ください。

解決済みの課題

企業管理対象プロジェクトとチーム管理対象プロジェクトでは、課題が完了と見なされるかどうかを判断する方法が異なります。チーム管理対象プロジェクトでは、JQL statusCategory != Done を使用して開いている課題を見つけられますが、企業管理対象プロジェクトでは、これを resolution = unresolved に変更して解決フィールドに値があるようにする必要があります。

フィルター

フィルターは自動的に移行されないので、更新する必要があります。フィルターの詳細をご確認ください。

最終更新日 2021年04月30日)
次でキャッシュ 7:00 PM on Oct 25, 2021 |

その他のヘルプ