• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

アセット ダッシュボードの使用方法

この機能は現在アーリー アクセスで利用可能です。この機能とアーリー アクセス プログラム (EAP) への参加方法の詳細については、アトラシアン コミュニティ投稿をご覧ください

Jira Service Management のアセット ダッシュボードは、アセットと設定データに関するインサイトを提供するために設計された包括的なプラットフォームです。あらかじめ設定されたさまざまなチャートで、オブジェクト、オブジェクトが関連する課題と所属するプロジェクト、およびそれぞれの使用時間を視覚的に表すことができます。

アセットからのデータがダッシュボードに反映されるまで、少なくとも 30 分の遅延が生じる可能性があります。

この閲覧のみのレポートにアクセスするには、Jira 管理者である必要があります。

アセットダッシュボードにアクセスする方法。

  • プロジェクトの [アセット] に移動する

  • [レポート] を選択する

このガイドでは、各フィルターとそれらが制御するチャートの表示方法と使用方法について説明し、各セクションの推奨使用例をいくつか紹介します。

ダッシュボード内のチャートを制御するフィルターには、主に 3 種類あります。

  • グローバル フィルター - ダッシュボードの上部にあり、ダッシュボードの他の部分にあるセクションとチャートのスコープを設定します。

    • オブジェクト スキーマ

    • オブジェクト タイプ

    • オブジェクト タイプ属性

    • 属性値

  • セクション フィルター - 複数のチャートに適用でき、小見出しの下にあります。

  • チャート フィルター - 1 つのチャートを制御し、セクション フィルターの下にあります。

オブジェクトの数

「オブジェクトの数」チャートには、グローバル フィルターを適用した後のオブジェクトの総数が表示されます。これにより、スコープ内の現在のアセット オブジェクトの数の概要がわかります。

管理者は、このチャートを使用して、現在システム内で管理されているアセット オブジェクトの総数をすばやく把握できます。

オブジェクト (属性別)
「オブジェクト (属性別)」チャートでは、特定の属性を持つオブジェクトの数についてのインサイトを得ることができます。このチャートは、「オブジェクト タイプ属性」チャートが選択されている場合にのみ機能します。

チーム リードはこのチャートを使用して、「破損」や「使用中」など、特定の属性を持つオブジェクトの数を特定できます。

オブジェクト属性の詳細

「オブジェクト属性の詳細」チャートでは、選択したオブジェクト タイプ属性に関連する特定の属性値を調べることができます。既定では、すべての属性が選択されています。

IT スペシャリストは、このチャートを使用して、「サーバー」などのオブジェクト カテゴリの特定の属性値を理解できます。

課題別のオブジェクト

このセクションには 3 つのチャートがあります。プロジェクト課題タイプ の 2 つのセクション フィルターは、このセクション内のチャートを制御します。

オブジェクトにリンクされた一意の課題の合計

「オブジェクトにリンクされた一意の課題の合計」チャートでは、特定のオブジェクトに関連する一意の課題の数を把握できます。

プロジェクト マネージャーは、このチャートを使用して、課題に関連することが多く、さらなる注意や置換が必要になる可能性のあるオブジェクトを特定できます。

オブジェクトにリンクされた課題

「オブジェクトにリンクされた課題」チャートには、どの課題がどのオブジェクトに影響を及ぼしているかの内訳が表示されます。これはドリルダウン チャートなので、メイン チャート ビューでバーを選択すると、「オブジェクト別の課題」チャートから対応する値が入力されます。

サービス デスク エージェントは、このチャートを使用して、課題が特定のオブジェクトに与える影響を把握できます。

オブジェクト別の課題

「オブジェクト別の課題」チャートには、「オブジェクトにリンクされた課題」チャートで選択した特定のオブジェクトに関するすべての課題が表示されます。既定では、選択したプロジェクト内のすべてのオブジェクトのすべての課題が表示されます。

技術者はこのチャートを使用して、特定のオブジェクトに関連するすべての課題の全体像を把握できます。

継続的なオブジェクトの追跡

このセクション フィルターは、次のチャートの「期間」と「日付構造」を制御します。

作成されたオブジェクト数
「作成されたオブジェクト数」チャートには、選択した期間に作成されたオブジェクトの総数が表示されます。

技術者はこのチャートを使用して、特定のオブジェクトに関連するすべての課題の全体像を把握できます。

オブジェクト タイプ属性

このフィルターは、使用可能な「日付」タイプの属性を表示し、このセクションの「オブジェクトの詳細」と「オブジェクトの数」のチャートに表示されるデータを制御します。

オブジェクトの詳細

「オブジェクトの詳細」チャートには、上で選択した「オブジェクト タイプ属性」フィルターに基づいて、選択した日付範囲内のオブジェクトのリストが表示されます。

アセット マネージャーは、このチャートを使用して保証の有効期限を監視し、更新または置き換えの計画を立てることができます。

オブジェクトの数

「オブジェクトの数」チャートには、上で選択した「オブジェクト タイプ属性」フィルターに基づいて、日付属性別のオブジェクトの総数が時系列で示されます。

データ アナリストは、このチャートを使用して、特定の期間におけるアセットの取得または廃止の傾向を特定できます。

属性分析

Attribute Value Over Time (継続的な属性値の追跡)
このチャートには、[期間]、[日付構造]、[属性値]、[表示グループ] の各フィルターが適用されます。[Attribute Value Over Time (継続的な属性値の追跡)] チャートでは、特定の期間における属性の変化を分析できます。

システム管理者は、このグラフを使用して、「利用可能なディスク容量」などの属性の経時的な変化を追跡できます。

オブジェクト タイプ属性の比較

[オブジェクト タイプ属性の比較] チャートでは、1 つのオブジェクト タイプのさまざまな属性を比較できます。このチャートには、[Row attribute (行の属性)] と [Column attribute (列の属性)] の各フィルターが適用されます。

IT 管理者は、このチャートを使用して、組織内のさまざまなサーバーのメモリ ストレージ容量を比較できます。


レポート ダッシュボードは、Jira Service Management のアセットを管理し、理解するための強力なツールです。これらのチャートを使用することで、アセット、アセットの課題、およびアセットの属性に関する貴重なインサイトを得ることができます。この知識は、より多くの情報に基づいた意思決定、サービス提供の向上、およびアセット管理の最適化に役立ちます。

その他のヘルプ