robotsnoindex


Jira Cloud アプリケーション ファミリー (Jira Software、Jira Service Management、Jira Work Management) は Jira プラットフォーム上に構築されたスタンドアロン アプリケーションで、単独または同じサイト上の任意の組み合わせで使用できます。

Jira Service Management と Jira Software を同じクラウド サイトに追加すると、最適な統合メリットを活用できます。Jira インテグレーション ページには、Jira Service Management と Jira Software の関係、IT と DevOps の両方が課題でコラボレーションできる仕組みが示されています。Jira ファミリー ページには、Jira Cloud 製品の 3 種類の違いが示されています。

Jira Service Management ライセンスの概要

ライセンスに関しては、Jira Work Management と Jira Software の両方がユーザー合計数に基づいてライセンスされます。Jira Service Management は、エージェント合計数 (リクエストの編集/作業が可能なユーザー) に基づいてライセンスされます。顧客 (リクエストを送信するユーザー) はライセンス無用で無料で製品にアクセスできます。デフォルトでは、Jira Service Management と Jira Software の両方のライセンスJira Work Management 機能が含まれています。

セットアップに基づき、ユーザーは 1 つあるいはすべての製品または製品の任意の組み合わせに対してライセンスを取得できます。Jira Software のライセンス、ロールによるエージェントや顧客への影響、その他の Jira ユーザーが行える操作に関する詳細をご参照ください。


製品の特徴とプロジェクト タイプ

各製品はユーザーに 合わせたエクスペリエンスを提供するとともに、関連付けられたプロジェクト タイプを持ち、それに応じた製品固有の機能を提供します。以下は、プロジェクト タイプとそれに関連付けられた機能のリストです。

アプリケーションプロジェクト タイプアプリケーション特有の機能セット

Jira Work Management

ビジネス プロジェクト
  • すべてのライセンス ユーザーが利用できます
  • 人事、法務、およびその他の業務チーム向けのテンプレート

Jira Software

ソフトウェア開発プロジェクト
  • 開発ツールとの連携
  • アジャイル/カンバン ボード
  • ソフトウェア バージョンのリリース ハブ

Jira Service Management

サービス プロジェクト
  • サービス レベル アグリーメント (SLA)
  • カスタマー向けのカスタマイズ可能な web ポータル
  • カスタマーのアクセスを許可する権限スキーム

Jira サイトにログインできるすべてのユーザーがそのインスタンスのすべてのプロジェクトを閲覧できますが (権限に応じて異なる場合もあります)、製品固有の機能はアクセス権がある場合にのみ閲覧できます。たとえば、ソフトウェア プロジェクトでは、Bitbucket や Fisheye などのリンク済みの開発ツールの情報やアジャイル ボードを表示できますが、この情報は Jira Software ユーザーのみが表示可能です。Jira Work Management ユーザーはソフトウェア プロジェクトを表示できますが、アジャイル ボードやリンク済みの開発ツールの情報のようなソフトウェア固有の機能は表示できません。同様に、Jira Software ユーザーはサービス プロジェクトで Jira Service Management 固有の機能を表示できません (表示できるのはプロジェクトの基本的なビューとその課題に限定されます)。

  • インストール済みアプリケーションのプロジェクトは、Jira 管理者のみが作成できます。Jira 管理者はプロジェクトを作成する場合はアプリケーション アクセスは不要ですが、プロジェクトの表示や使用にはアプリケーション アクセスが必要です。
  • 匿名ユーザー (ログインしていないユーザー) は、Jira Work Management ユーザーと同等のアクセス権を持ちます。つまり、匿名ユーザーは課題を表示してあらゆる種類のプロジェクトで作業できますが、Jira Software 固有のアジャイル ボードなどの製品固有の機能は表示できません。匿名ユーザーに対してプロジェクトへのアクセスを許可する方法については、「匿名またはパブリック アクセスの管理」をご確認ください。


製品の一覧、製品のユーザー ロール、それらのプロジェクト固有機能は以下の通りです。


プロジェクトの固有の機能権限Jira Work Management ユーザーJira Software ユーザーJira-Service-Management-agentカスタマー

サービス プロジェクト

カスタマー ポータル作成
(tick)
(tick)
(tick)
(tick)
表示
(tick)
(tick)
(tick)
(tick)
コメント
(tick)
(tick)
(tick)
(tick)
トランジション
(tick)
(tick)
(tick)
(tick)
プロジェクト レベル作成
(error)
(error)
(tick)
(error)

表示

(tick)
(tick)
(tick)
(error)
課題レベル作成
(tick)
(tick)
(tick)
(error)
表示
(tick)
(tick)
(tick)
(error)
内部コメント
(tick)
(tick)
(tick)
(error)
カスタマーへのコメント
(error)
(error)
(tick)
(error)
トランジション
(error)
(error)
(tick)
(error)
SLA レベル作成
(error)
(error)
(tick)
(error)
表示
(error)
(error)
(tick)
(error)
キュー レベル作成
(error)
(error)
(tick)
(error)
表示
(error)
(error)
(tick)
(error)

Jira Service Management ガジェット

表示
(error)
(error)
(tick)
(error)

デフォルトでは、Jira Work Management ユーザーと Jira Software ユーザーは、Jira Service Management の課題の表示や課題へのコメントが制限されています。ただし、ポータル内ではリクエストに参加できます。 

同じクラウド サイト上に存在する別の Jira アプリケーションのライセンスが付与されていない Jira ユーザーの場合は、プロジェクトで参照権限とコメント権限を付与できます。たとえば、Jira Software ユーザーは Jira Service Management の課題にコメントできます。また、Jira Service Management エージェントは、他の製品の有料ライセンスを持たずに Jira Software 課題を参照してコメントできます。Jira Service Management 課題における他の Jira ユーザーとのコラボレーションに関する詳細をご確認ください。